ローディング中

Loading...

れんこんをたくさんいただいた時、無理して食べなくても適切な保存方法を知っていれば便利です。特に冷凍で保存すれば保存期間は数倍長持ちする上、新鮮なれんこんが味わえるんですよ。今回は、れんこんの上手な保存方法をお伝えします。

冷凍も可能!れんこんの上手な保存方法

冬が旬のれんこんは、きんぴらやサラダなど私たちにはなじみの深い野菜ですが、日本や中国以外では、あまり食べられていないのだとか。そう聞くと、ますます愛着がわきますね。

いつもは水煮を買っている方も、れんこんの上手な保存方法や保存期間を知れば、もっと食卓に出したくなります。れんこんの保存というと面倒なイメージですが、実は思ったより簡単で冷凍保存も可能です。

れんこんは元々、水をはった田んぼの中(水中)で育つので、光や空気に当たったり、乾燥することを極端に嫌います。保存の際はなるべく空気にふれず、乾燥しないようにするのがコツです。

また、加熱料理やサラダやお弁当のおかずなど、料理の用途ごとに保存方法を頭に入れておけば、時短にもなり一石二鳥でしょう。

常温保存について

まるごと保存する方法

一節まるごとのものは比較的長持ちしやすく、泥つきのものは泥を落とさず保存しましょう。新聞紙(またはキッチンペーパー)に包んでからビニール袋に入れ、冷暗所(風通しのよい涼しい場所)で保存します。途中でカットされているものは常温保存にむきません

夏場の保存は冷蔵庫で

夏の暑い季節には、一節まるごとのもの、カットしたもの、ともに冷蔵庫で保存しましょう。湿った新聞紙にくるんだものをビニール袋に入れて、冷蔵庫の野菜室に入れてください。

冷蔵庫で保存

泥つきの一節丸ごとの場合は常温保存もできますが、長く持たせたい場合は、濡れた新聞紙などで包みます。ビニール袋に入れて湿気が飛ばないようにして冷蔵庫に入れると、洗いれんこんより日持ちします。(冬の時期で、掘り上げてから10日~15日程度を目安とします)

カットして保存する方法

カットしてあるものや使いかけのものは、空気がれんこんの穴を通らないように、切り口に湿らせた新聞紙、またはラップをあててしっかり包みましょう。そして、冷蔵庫の野菜室で保存します。なるべく風味が落ちないうちに(2~3日)で食べきるほうがいいでしょう。

水の中で保存

水をはった蓋付きの保存容器(タッパーなど)に入れて、冷蔵庫で保存します。皮はむいてもむかなくてもOK。水を1~2日ごとに1度取り換えると、長く保存できますよ。ただし、養分が流れやすいので、おいしく食べるならお早めに。

冷凍保存方法

れんこんは適切な方法で冷凍すれば、食感を保つことができるため、基本的に冷凍向きの野菜です。冷凍保存する場合には、買ってきた直後にすぐ使う分と冷凍する分に分け、冷凍する分は早めに保存処理をしましょう。

その際、生のままでの冷凍も可能ですが、下ゆでしたほうが食感が損なわれません。変色しやすいため、まず酢水に浸けて色止めしてから下ゆでします。使う時は凍ったまま、炒め物や煮物に利用しましょう。割りと長く保存できますが、生で保存した場合より、若干風味や栄養は落ちます。
 
また、れんこんは味付けして煮るなど、調理してからも冷凍することができます。その場合は味付けをしたことにより、冷凍特有のにおいがなくなります。そして、味が壊れた細胞に染みやすくなったりするといったメリットもあります。解凍する場合は自然解凍でOKです。
調理したものを冷凍する方法をご紹介します。

1. 調理したものはしっかり冷ましておく。
2. ジップロックなどのフリーザーパックに入れ、できるだけ空気を抜いて閉じる。
3. そのまま冷凍庫で保存すれば完了です。

この方法で基本的にはいろいろな料理を冷凍保存できます。保存中は空気に触れると少しずつ酸化してしまうため、これを防ぐためにできるだけ空気を抜いておくのがポイントです。

お弁当のおかずとして冷凍したい場合には、アルミカップなどに小分けにしてから冷凍するといいです。使うときにアルミカップごと取り出せばよいので、忙しい朝には大変便利ですよ。

酢水で茹でて保存

れんこんを一節ずつ皮をむき、多めの酢水でゆでましょう。ゆであがったら水の中に入れてさまし、よく水気を取ってからラップに包むか、保存袋に入れて冷凍庫で保存します。下味をつけたれんこんも冷凍保存ができますよ。

電子レンジで加熱して保存

調理する前に冷凍する場合には、調理で使うことを考え少し固めに加熱します。

1. れんこんの皮をむき、薄切りにします。
2. 切ったれんこんを5分ほど酢水(水2カップに対して酢を小さじ1の割合)にさらします。
3. 酢水をきって耐熱容器に入れ、3分電子レンジで加熱します。
4. 取り出して冷ました後、フリーザーパックに入れて冷凍すれば完了です。

電子レンジで3分加熱すると程よい加熱によって、シャキシャキ感を維持することができます。酢水で直接茹でるよりも、電子レンジを使う方が加熱の調整がしやすいのでおすすめです。

この方法でシャキシャキ感を保てるのは、酢水がれんこんの成分の働きを抑えてくれるからです。水にさらす場合もありますが、その場合は、モチモチとした食感を味わえるでしょう。用途に合わせて使い分けるといいですね。

関連タグ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

味の決め手に大活躍!簡単「海苔の佃煮」の活用レシピ7選

ただご飯に乗せるだけではもったいない!ということで、今回は「海苔の佃煮」を使った人気アレンジレシピ8選を紹介していきます。簡単に取り入れられるので、海苔の佃煮が冷蔵庫に眠っている方は、ぜひ活用してあげてくださ…

鮭フレークの作り方&簡単アレンジ12選!パスタやチャーハンだけじゃない!

パスタに和えたり、ご飯と混ぜてチャーハンにしたり。鮭フレークは、まさに家庭の味方です!そこで今回は、鮭フレークの作り方とアレンジレシピを、主食、おかず、おつまみに分けて12点ご紹介します。簡単なものばかりなの…

夏のマンネリ解消!「そうめん」のつけだれとアレンジレシピまとめ

夏の定番そうめんは、毎日食べると飽きてしまうもの。そこで今回は、トマトや豆乳などを使ったつけだれや、冷やしそうめんのアレンジレシピをまとめましたよ!どれも家にある材料で作れるものばかりなので、ぜひ料理の幅を増…

全て冷蔵保存はダメ!調味料を正しく保存して食の安全を確保しよう

調味料はどこに保存していますか?常温で保存しているもの、冷蔵庫に入れているものなど色々あるかと思いますが、それは本当に正しいのでしょうか。カビの発生を防ぎ、劣化を遅らせて、風味をきちんと保つためにも、正しい保…

簡単なのにおいしさ無限!レトルトカレーのアレンジレシピ!

時間がない日の食事に大助かりなレトルトカレー。同じ味にはもう飽きた……という方へ簡単アレンジレシピをご紹介!たまにはごはん以外で食べてみたい、そんな希望を叶えるレシピが盛り沢山!少し一手間加えるだけで、レパー…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

やっぱり気になる!?カフェのフードメニューカロリーをまとめてみた。

カフェメニューのカロリー第二弾。今回は、カフェのフードメニューカロリーをまとめてみました。 好きなものはカロリーが高いって少し憂鬱ですね。でもカロリーを把握しておけば、コントロールできると思います。

安いお米も絶品に!すぐ試したくなる「美味しいお米の炊き方」決定版

毎日食べるお米ですから、なるべく美味しい炊き方で食べたいですよね。とは言えあまり手のかかる方法だと、日々おこなうには現実的ではありません。今回は簡単にできて、しかもぐっと炊きあがりが変わる方法をご紹介。今夜か…

バレンタインシーズンに行きたい東京都内のスイーツビュッフェ4選

バレンタインならではのスイーツが続々登場!各所でチョコレートやいちごを使ったスイーツビュッフェが開催されているみたいです♪期間限定のメニューもあるのでぜひこの時期に行っておきたい!カップルで行くのもいいですが…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

駒沢公園「コマザワパークカフェ」好きな人と好きな時間に。

駒沢公園からすぐのところにある「コマザワパークカフェ」は朝早くから夜遅くまで営業しています。ペットや子連れも可能。一人でももちろん大歓迎。一日の始まりを、ママ友と子供とランチを、夜デートに様々な用途で利用でき…

福島県のご当地パン「クリームボックス」は練乳たっぷりのクリーミーな味わい

福島県郡山のご当地パン「クリームボックス」を知っていますか?分厚い食パンに、練乳たっぷりのクリームをぬった菓子パンで、郡山ではパン屋や購買でもよく見るおなじみのパンなのだとか。今回はそんな知られざる「クリーム…

パケ買い必至のおしゃれ感!トクホ「デンマークヨーグルト」で整腸生活♩

白地にクロスステッチの模様がかわいらしいパッケージの「デンマークヨーグルト」。実はかわいいだけではなく、特定保健用食品として認可されており、乳酸菌の働きが期待できるのです。かわいくておいしいヨーグルトで、腸内…

ページTOPに戻る