ライター : ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも大好きです。母になっても好奇心を大切にしていきたいと常々思っています。みんながハッピーになれるグルメ情報が…もっとみる

冷凍も可能!れんこんの上手な保存方法

冬が旬のれんこんは、きんぴらやサラダなど私たちにはなじみの深い野菜ですが、日本や中国以外では、あまり食べられていないのだとか。そう聞くと、ますます愛着がわきますね。 いつもは水煮を買っている方も、れんこんの上手な保存方法や保存期間を知れば、もっと食卓に出したくなります。れんこんの保存というと面倒なイメージですが、実は思ったより簡単で冷凍保存も可能です。 れんこんは元々、水をはった田んぼの中(水中)で育つので、光や空気に当たったり、乾燥することを極端に嫌います。保存の際はなるべく空気にふれず、乾燥しないようにするのがコツです。 また、加熱料理やサラダやお弁当のおかずなど、料理の用途ごとに保存方法を頭に入れておけば、時短にもなり一石二鳥でしょう。

常温保存について

まるごと保存する方法

一節まるごとのものは比較的長持ちしやすく、泥つきのものは泥を落とさず保存しましょう。新聞紙(またはキッチンペーパー)に包んでからビニール袋に入れ、冷暗所(風通しのよい涼しい場所)で保存します。途中でカットされているものは常温保存にむきません

夏場の保存は冷蔵庫で

夏の暑い季節には、一節まるごとのもの、カットしたもの、ともに冷蔵庫で保存しましょう。湿った新聞紙にくるんだものをビニール袋に入れて、冷蔵庫の野菜室に入れてください。

冷蔵庫で保存

泥つきの一節丸ごとの場合は常温保存もできますが、長く持たせたい場合は、濡れた新聞紙などで包みます。ビニール袋に入れて湿気が飛ばないようにして冷蔵庫に入れると、洗いれんこんより日持ちします。(冬の時期で、掘り上げてから10日~15日程度を目安とします)

カットして保存する方法

カットしてあるものや使いかけのものは、空気がれんこんの穴を通らないように、切り口に湿らせた新聞紙、またはラップをあててしっかり包みましょう。そして、冷蔵庫の野菜室で保存します。なるべく風味が落ちないうちに(2~3日)で食べきるほうがいいでしょう。

特集

FEATURE CONTENTS