錦糸卵を作る3つのコツ

1. 溶き卵はザルでこす!

卵はしっかり溶きます。そのあと溶き卵を一度ザルでこしましょう。このひと手間をかけることで、溶き卵全体が均一になり、焼いたときに色むらのないきれいな錦糸卵が作れるんですよ。

2. 水溶き片栗粉は必須!

溶き卵に塩を加えるタイミングで、水溶き片栗粉も一緒に入れましょう。こうすることで、フライパンからめくったり丸めて切るときに、破れにくくなります。水溶き片栗粉を加えたら、泡だてないように静かに混ぜてくださいね。

3. フライパンに入れたら焦らない!

フライパンに卵液を入れたら全体に丸くのばします。焦って箸で触らず、焼けるまで待ちましょう。自然とフライパンの端から卵がはがれてくるので、ゆっくりめくってくださいね。キッチンペーパーを使って、フライパンの側面にも油を薄くのばしておくと、よりはがれやすくなりますよ。

ちらし寿司には何を入れたらいいの?

ひなまつりに食べられることの多い「ちらし寿司」。見た目の華やかさで女の子にふさわしいとじわじわ広まり、「ひなまつり=ちらし寿司」と認識されるようになりました。お祝いの意味を込めて、縁起のいい具を彩りよくちらして作り、子供の成長を願うのです。

定番具材

女の子をお祝いするちらし寿司の定番具材には、えびやれんこん、豆、錦糸卵、にんじんなどが挙げられます。また、季節の野菜である菜の花やたけのこ、桃の花の色に似ているでんぶもよく使われます。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ