ライター : 稲吉永恵

ローフードマイスター・野菜ソムリエ・オーガニックコンシェルジュ

野菜や果物の持ち味を生かす食べ方を提案する野菜ソムリエ。通関士として企業に勤務後、美容師・ローフード認定校講師として働きながら、パンと焼き菓子を製造販売しています。不調や不…もっとみる

ちらし寿司の定番の具

Photo by macaroni

ちらし寿司を作る際、酢飯から作ると具材が完成するころにはごはんが固くなってしまうので、具材から先に作るのがポイント。しいたけとにんじんの甘辛煮、酢れんこん、錦糸卵は作り置きができるので、前日に用意しておくと便利ですよ。

酢れんこん

れんこんを甘酢に漬ける酢れんこん。下処理を終えたら1時間ほど調味料に漬けておく必要があるため、一番初めに仕込み始めるとよいでしょう。

しいたけとにんじんの甘辛煮

Photo by macaroni

酢飯に混ぜ込む甘辛煮は、干ししいたけとにんじんを、しいたけの戻し汁・みりん・砂糖・しょうゆで煮含めて作ります。汁気がなくなるまで煮たり、冷まして味をなじませたりする時間があるので、酢れんこんを仕込んだ次に作り始めましょう干ししいたけは、前日から戻しておくのがポイント。

錦糸卵

錦糸卵は、名前の通り薄焼き卵を錦糸のように細く切って作ります。寝かせる手間がないため、酢飯を作る直前にとりかかればOKです。

トッピング

上で挙げた具材のほか、ちらし寿司にはえびさやえんどう(豆)をトッピングすることが多いですよね。

えびは、むきえびを使うと簡単です。塩と酒を入れたお湯でゆで、冷ましてから半分にカットします。さやえんどうは筋をとってから塩ゆでして冷まし、斜めに切って下ごしらえしましょう。

具材を混ぜるタイミングは?ちらし寿司を作るポイント

Photo by macaroni

この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ