ライター : cucunyaroti

「素材のよさを生かす」をモットーに野菜作りと育児に奮闘中の主婦です。こどもに毎日「おいしい!おかわり!」と言ってもらえる料理を作れるよう心がけています。

ペコロスってどんな野菜?

ペコロスとは通常の玉ねぎよりも小さい野菜です。「小玉ねぎ」や「プチオニオン」とも呼ばれているペコロスはコロコロとしたかわいいフォルムが特徴!大きさも直径3~4センチと小さいので、そのままピクルス液に漬けたりスープやオーブン料理にしていただきます。 ペコロスはサイズが小さいので家庭菜園にもぴったりです。土とプランターを準備すれば庭先やベランダでも栽培を楽しむことができますよ。収穫したてのジューシーで甘みたっぷりのペコロスを味わうのもいいですね♪

ペコロスのじょうずな皮の剥き方

小さい玉ねぎのペコロスは一回の料理で10個ほど使います。通常の玉ねぎではせいぜい2~3個の皮むきで十分なのに10個も皮むきをするのは大変ですよね?そんなときに知っておくと得をするのが皮むきの裏技! じょうずな皮むきをするためには3つのステップがあります。まずはペコロスの上下を1センチほどカット!次にたっぷりの水にペコロスをイン!最後にナイフで皮を剥いたらあら簡単!するるとペコロスの皮が剥けてしまうんです。 水につける時間は長くても5分にしておきましょう。水につけすぎると大切な栄養分までも流れてしまうからです。急いでいるときは電子レンジでチンをしてから水にひたすと、より時短につながりますよ♪

ペコロスのおいしいスープ5選

1. ペコロスとベーコンのチキンスープ

しっとりと甘いペコロスとうま味たっぷりのベーコンがおいしいチキンスープです。味付けは市販のチキンスープの素で作れるのでとっても簡単!仕上げにドライパセリを散らせばおしゃれな料理に仕上がります。コロコロとスープに浮かぶペコロスの姿がキュートなひと皿はおもてなし料理にもぴったりです。

2. お肉とお豆とペコロスのビストロスープ

豚肉のブロックと香味野菜のセロリ・ペコロスを白ワインを使って上品に煮こんでつくるフレンチスープです。セロリの葉とローリエのすっきりとした爽やかな風味が口の中でふんわりと広がります。具のアクセントになるのは大豆やひよこ豆など栄養たっぷりのお豆◎小さなお豆のうま味と小さなペコロスの甘みがマッチしてやみつきになる味わいです。

3. ペコロスとシーフードのトマトスープ

うま味たっぷりのシーフードとペコロスをトマトでコトコト煮たやさしいスープです。淡泊ですっきりとした後味が特徴の鱈とうま味たっぷりのあさりがアクセントになり味に深みとコクをあたえています。ペコロスがやわらかくとろっとしてきたらできあがり!季節ごとに旬のシーフードをアレンジしてオリジナルのスープを作ってみては!?

4. お肉とお野菜のぽかぽかポトフ

鶏手羽と新じゃがいも・ペコロス・キャベツなどのお野菜をやわらかくなるまで煮たあったかポトフです。ペコロスの旬は玉ねぎと同じく春!やわらかく辛みが少ない初物のペコロスはポトフにすることで甘みとうま味がスープに溶け込みます。鮮度がいいフレッシュなペコロスやじゃがいもを存分に味わえるスープはお腹にしみるおいしさです♪
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS