マリネの定番!玉ねぎを使ったマリネ

玉ねぎなどの野菜や魚などを漬け汁に浸して作るマリネ。漬け汁に漬けることで素材をやわらかくしたり、風味をつけたりするフランス料理の調理方法のひとつですが、そのまま食べる料理もマリネと呼ばれています。

マリネ液は、酢やレモン汁、ワインなどから作られますが、風味を出すため、香辛料や香草が加えられることもあります。今回は、さまざまな素材で作られるマリネのなかで、定番ともいえる玉ねぎマリネレシピをご紹介します。

作り置きにも最適

玉ねぎマリネは作り置きにも最適。作り置きの方法は、まず、玉ねぎをスライサーなどで薄くスライスします。それを穀物酢とはちみつを合わせたマリネ液に漬け込みましょう。密封できる保存容器に作って、ひと晩おけばできあがりです。

翌日から食べることができますが、数日おいた方が味がなじんでおいしい♪ 付け合わせやサンドイッチの具材にも活躍しますよ。玉ねぎマリネの保存日数は、冷蔵庫で1週間程度となります。

シンプルに食べる玉ねぎマリネ7選

1. 玉ねぎマリネ

まずはシンプルな玉ねぎマリネをご紹介します。そのままマリネ液に漬けただけでは、玉ねぎの辛みがたつので、まずは塩もみをしましょう。水で洗い流したあと、マリネ液に漬け込めばおいしく仕上がりますよ。

2. 新玉ねぎのマリネ

こちらは新玉ねぎを使ったマリネです。玉ねぎの辛さが苦手な人は、新玉ねぎのマリネがおすすめ。顆粒だしを加えるレシピなので味がしっかりとしていて、そのままでもとてもおいしいですよ。また、冷奴にのせたり、スライスしたトマトに合わせたりしてもいいですね。

3. 新玉ねぎでレモンマリネ

酢ではなくレモン汁を使うレシピをご紹介します。レモンを使うことで、さわやかな香りを楽しめます。見た目もおしゃれなので、おもてなしにもおすすめです。また、サラダのドレッシングにしたり、生ハムやサーモンをのせたり、おつまみとしてもおいしくいただけます。

4. 焼き玉ネギのマリネ

玉ねぎ本来のおいしさ、甘さをたっぷり味わえる焼き玉ねぎのマリネです。1cm厚の輪切りにした玉ねぎは、フライパンで香ばしく焼き上げましょう。きれいに焼き色がつくと、さらにおいしく見えますよ。焼きあがったら作っておいたマリネ液に漬けるだけ。15分漬ければOKなのもうれしいポイントです。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS