ライター : 稲吉永恵

ローフードマイスター・野菜ソムリエ・オーガニックコンシェルジュ

野菜や果物の持ち味を生かす食べ方を提案する野菜ソムリエ。通関士として企業に勤務後、美容師・ローフード認定校講師として働きながら、パンと焼き菓子を製造販売しています。不調や不…もっとみる

野菜スティックの下ごしらえ

Photo by 稲吉永恵

野菜スティックをおいしく作るには、下準備が重要です。まずは、野菜の下ごしらえについて解説します。切り方は、ディップして食べやすいように格子木切りがおすすめ。シンプルだからこそ、下ごしらえは丁寧におこなってくださいね。

にんじんの切り方

Photo by 稲吉永恵

1. 皮をむき、へたを切る

2. 長さ7cm程度になるように、1/3~1/2に切る

3. 切り口を下にして、1cm幅に切る

4. 切り口を下にして、1cm角に切る

きゅうりの切り方

Photo by 稲吉永恵

1. イボが尖っている場合は、イボを取りヘタを切る

2. 長さ7cm程度になるように、1/3~1/2に切る

3. 切り口を下にして、縦に半分に切る

4. 切り口を下にして、さらに半分に切る

※太さのあるきゅうりの場合は、1cm角になるように調節して切ってください

大根の切り方

Photo by 稲吉永恵

1. 長さ7cm程度に切る

2. 皮をむく

3. 切り口を下にして、1cm幅に切る

4. 切り口を下にして、1cm角に切る

※食べやすいスティック状になるように、三角にカットしてもよいです

生 or ゆでる?

きゅうりは生で食べますが、にんじんや大根は生でもゆでてもOK。硬くて食べにくい場合は、ゆでると食べやすくなります。

特ににんじんは、ゆでるとにんじん特有の香りが和らぎ、甘味が増しますよ。3分ほどサッと硬めにゆでるのがポイント。歯ごたえが残りおいしく食べられます。

大根はつまようじが刺さる程度にゆでましょう。しかし、食感とみずみずしさは損なわれます。辛味が気になる場合は、氷水にさらすのがおすすめ。

野菜ソムリエのワンポイントアドバイス

  1. 大根やきゅうりなど食感のよい野菜と、にんじんやパプリカなどの彩り鮮やかなものを選ぶ
  2. 1cm角、長さは7cmを目安に、長さや太さを合わせて切る
  3. カットしたら、氷水に2〜3分さらしてシャキッとさせる
  4. ゆでる場合は、硬めにゆでる

【マヨネーズ系】ディップソースのレシピ6選

1. 手が止まらない。バーニャカウダ風ソース

バーニャカウダは、野菜がたっぷり食べられるイタリアの郷土料理。マヨネーズを使い、おうちで手軽に再現してみましょう。こってり濃厚な味わいは、生野菜だけでなく温野菜ともバランスがよく、ついつい手が伸びますよ。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ