絶対褒められる!さくジュワ「おいしい唐揚げ」を作るポイントはこれ

大人も子供も大好き、自宅で作る機会が多い唐揚げ。おいしい揚げ方って意識してみたことありますか?大切な下ごしらえの方法から衣のつけかたまで、唐揚げの揚げ方のコツをお伝えします。おいしいレシピも併せてご紹介しますね。

唐揚げのおいしい揚げ方

唐揚げはみんなの大好物!おうちでおいしい手作りの唐揚げが作れたらうれしいですよね。しかし実際作ってみると、なんだか油っぽくなってしまったり、冷めるとパサパサだったり。味は悪くないのにうまく揚げられない、という方もいらっしゃるのでは?

唐揚げをおいしく揚げるためにはいくつかのポイントがあるのです。下ごしらえから衣のつけ方、さらにはカリッと食感のよい揚げ方まで、様々なコツをご紹介しちゃいます!一手間かけておいしい唐揚げを作りましょう。

ますは下ごしらえを丁寧に!

おいしい唐揚げを作るのに、下ごしらえはとっても重要。ちょっとした手間をかけるだけで、格段においしくなる唐揚げの下ごしらえの方法を紹介します。調理時間をなるべく短くしたい!という方も、この手間はぜひ省かないようにしてくださいね。

鶏肉は揉んで柔らかく

鶏肉に下味をつけたらよく揉みましょう。こうすることで味を染み込ませて柔らかくするのです。

時々、フォークで適度に鶏肉を刺して下味をさらにしみこませるのがポイントです。よく揉んで柔らかくするようにしましょう。

鶏肉を冷蔵庫でよく冷やす

下味をつけたら30分程度、冷蔵庫で冷やしてみましょう。油の温度と鶏肉の温度に差ができると、カラっと揚げることができるんですよ!下味をつけた鶏肉は、よく冷やすことがポイントです。

時間は少々かかりますが、冷蔵庫で冷やすか冷やさないかの違いで、唐揚げの仕上がりに大きな差が出ます。それほど長い時間を要するわけではないので、ぜひ試してみてくださいね。

衣は粉の種類と量で決まる

鶏肉に下味をつけるのも大切ですが、唐揚げのおいしさを左右するのはやはり衣です。衣のつけ方一つでカリカリ感が違うので、ここは腕のみせどころでもあるのです。おいしく揚がる衣のつけ方をマスターしてみてください。

カリッとさせる衣

薄力粉、小麦粉、パン粉を用意します。そしてそれぞれの分量を1:1:2で作ります。

片栗粉だけで衣をつけると、竜田揚げのようになりますよ。つけ汁などをからませると、さらにカリカリ感がアップします。このあたりは分量を加減しながら調節しましょう。

衣をつけたら5分ほど馴染ませて、その後さらにもう一度つけるとよい揚げ加減になりますよ。

柔らかジューシーな衣

カリカリした唐揚げもいいけれど、たまにはジューシーな唐揚げも食べてみたい。そのような場合は、漬けダレにマヨネーズを入れてみましょう。そして、薄力粉、小麦粉の衣をつけて揚げます。そうすると鶏肉を柔らかく、仕上げをジューシーにすることができるのですよ。

ITEM

キユーピー マヨネーズ

内容量:350g

¥213〜 ※2018年6月6日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

揚げ方のコツは2度揚げ

綺麗に揚げたい、おいしく食べたい。簡単に思える唐揚げも実は奥の深いおかずなんですよね。

さて、おいしい唐揚げの揚げ方のコツは、2度揚げです。手間はかかりますが、食材は手間をかけるほどおいしくなります。ひと手間を惜しまずにおいしい唐揚げを作りましょう。

揚げ時間は1分半+40秒

2回も揚げるのは面倒だし、そもそも油っこくなりそう……と思う方もいらっしゃるかもしれません。ですが、これこそがサクサクのコツなのです。

1分半→4分休み→40秒の「2度揚げ」をぜひおこなってみてください。油の温度は180℃にして1分半揚げます。ここでいったん出して4分休ませます。この時間も余熱でじっくり鶏肉に火が通ります。最後の40秒は、仕上げとなります。これが大きなポイントになるのです。

特集

SPECIAL CONTENTS