ローディング中

Loading...

皆さんは「ザンギ」をご存知ですか?ザンギは北海道の人にはなじみ深い揚げ物料理。鶏の唐揚げでしょう?って思いましたか?今回は、ザンギと鶏のから揚げ、竜田揚げやとり天との違いについてご紹介します。同じようでも、実はちょっとずつ違いがあります。

北海道民の人気もの「ザンギ」とは

北海道の唐揚げ「ザンギ」

皆さん、「ザンギ」をご存知ですか?聞きなれない方もいらっしゃるでしょう。鶏の唐揚げじゃないの?と思う方もいらっしゃいますよね。今回は、「ザンギ」について調べてみました。 

「ザンギ」とは、さまざまな調味料(醤油やしょうが、ニンニクなど)で濃厚な味付けをした唐揚げを言います。北海道釧路市の「鳥松」が発祥だといわれています。

北海道では、鶏肉以外のタコやイカなどの魚介類の唐揚げも「ザンギ」と呼ばれているようです。例えば、材料名を足して「〇〇のザンギ」などと呼ぶことが多く、「たこのザンギ」なども人気です。

しかし、「ザンギ」は北海道以外にも存在しています。例えば、中国や四国地方では「鶏の唐揚げ」の呼び名としてザンギが使われていますし、愛媛県の一部でも鶏の唐揚げを「ザンキ」と呼びます。また、山形県でも「ザンギ」または「ザンキ」と呼んでいたそうです。

名前の由来

続いて「ザンギ」の由来です。由来は諸説あるようなのですが、中国語の「ザーギー(炸鶏)」=鶏の唐揚げという意味の言葉が元だともいわれています。そして、そこに「運がつくように」という意味から「ウン(ン)」が入って「ザンギ」と命名された、という説があります。

他にも、中国語の「炸子鶏(ジャーズージー)」が訛って「ザンギ」になった、とか、鶏肉を骨ごと切る(散切り)から「ザンギ」と名付けられた、という説もあるそうです。

ザンギの味

では、味にはどんな違いがあるのでしょうか?これは、北海道でもこれがザンギ、これは唐揚げ、と明確な差ははっきりしていないようです。また、ザンギと唐揚げの作り方の違いにも色々な意見がありますが、全体的にはザンギの方が濃いめの味つけのよう。

鶏肉に味の付いた粉をつけて揚げたものに対して、ザンギは、鶏肉に下味をつけてから揚げたもの。下味を付けた肉に粉を付けて揚げたものが唐揚げで、ザンギは、肉・調味液・粉を全て混ぜ合わせたものを揚げたものと言われています。

最近では、下味をつけてから揚げたものも「唐揚げ」といいますし、それほど味に差はない場合もあると思いますが、元々は、味の濃いものをザンギという説が有力です。

鶏の唐揚げとザンギどう違う?

次に、一般的な唐揚げとザンギとの違いについてです。

唐揚げとは、揚げ油を使用した調理方法、またその調理された料理のことをいいます。 小麦粉や片栗粉をまぶし油を揚げたものを一般的に唐揚げといいますよね。

唐揚げというと鶏肉の印象が強い方が多いかもしれませんが、鶏肉だけでなく、魚や野菜、その他いろいろな素材も粉類をつけて揚げたものは唐揚げです。

「ザンギ」は、醤油やショウガ、ニンニクなどで下味をつけ、その食材に小麦粉・片栗粉、又は両方といった粉と卵などを合わせて衣をつけます。それを高温の油で揚げるとザンギになります。

まとめてみると、粉類をつけて揚げた料理の総称が唐揚げ、ザンギはそれに加えて、下味をつけた食材に小麦粉・片栗粉などの粉をまぶして揚げたもの」といえそうですね。

竜田揚げ・とり天との違いは何?

それでは次に、竜田揚げやとり天とはどのように異なるのでしょうか。

竜田揚げとは

竜田揚げは、下味をつけた素材に片栗粉をまぶして揚げたも料理を指します。レシピによって異なる部分はあるようですが、竜田揚げには必ず片栗粉を使うのが特徴です。そのため、やわらかジューシーな鶏の唐揚げよりも、鶏の竜田揚げはカリカリとした表面が特徴的です。

ちなみに、「竜田揚げ」の「竜田」とは、諸説ありますが、奈良県の北西部を流れる「竜田川」のことをいうそうです。

とり天とは

とり天とは、鶏肉に衣をつけて揚げた大分県の郷土料理です。もも肉だけではなく、胸肉、ささみ等も使用されます。

下味には、しょうゆやおろしにんにく等が使われることが多く、衣には、小麦粉を卵や水で溶いた天ぷらに使う衣と同等のものを用います。とり天の天は天ぷらの天ということですね。

唐揚げやざんぎ、竜田揚げとの大きな違いは「衣」にあるようですね。ちなみに、とり天は天ぷらのようにタレにつけながら食べます。ポン酢や酢醤油等に練りからしを溶かしたものが定番といいます。

一般的なザンギの作り方

ここまで「ザンギ」について、「唐揚げ」「竜田揚げ」「とり天」などとの違いについてもご紹介してきました。では、いよいよ一般的なザンギの作り方をご紹介します!
おろし生姜、おろしニンニク、その他調味料に鶏肉を漬けこみ、しっかり味を染み込ませます。卵を混ぜた衣をつけて油で揚げたら完成です。お好みでゴマをふりかけましょう。

ラー油をプラスした濃い味つけのザンギは、ご飯がどんどん進みます。少しピリ辛ですから、お酒にも合いますよ。ザンギを食べたことがないという方は、まずこちらをどうぞ!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

おすすめシードル4選!ワインとちょっと違うおいしい飲み方とは

ワイン

シードルとは?りんごから作られた果実酒のシードルについてご紹介します。気になる作り方や、語源、ワインとの違い、おいしい飲み方など色々な情報が満載です。シードル好きな方も、シードルを飲んだことがない方も、ぜひ参…

秋のカルディはエビづくし!エビ好きが泣いてよろこぶ限定商品5つ♩

海老

カルディから、エビを使った新商品が続々と発売されています!牛乳で作る新感覚のインスタントラーメンや、お店レベルの品質の濃厚スープなど、どれをとってもエビの風味たっぷり♩エビの旨味を存分に味わいながら、秋の夜長…

モーモー前進♩愛おしい「うしサブレ」は北海道土産の新定番!

北海道 お土産

北海道にあるファームデザインで販売する「うしサブレ」がかわいいとSNSを中心に話題になっています。 新千歳空港や札幌駅でも手に入り、お土産にもぴったりですよ。見た目だけでなく味もおいしいと大好評!通販で購入可…

【2017年版】関東エリアで「秋に行きたいグルメイベント」総集編!

まとめ

今回は、関東エリアで開催される10月~11月のおすすめグルメイベントをまとめてご紹介します!日比谷公園や横浜、SNSで話題のスイーツイベントから、毎年数万人が訪れる人気フェスまで。食欲の秋を思う存分満喫しませ…

愛知・岐阜のご当地グルメ「ベトコンラーメン」!発祥はどっち?

ラーメン 岐阜

ベトコンラーメンとはどんなラーメンなのかご存知でしょうか。知っている人はかなりのラーメン通といえますね♩スタミナ満点なベトコンラーメンの発祥店と名前の由来、人気店や評判のメニューとともに、家庭でお手軽に作れる…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

【これであなたも日本酒通(ツウ)!?】日本酒に使える香りの表現5選

日本酒 まとめ

日本酒を飲んでも「おいしい」だけで終わらせていませんか?味覚の表現を豊かにすれば、お酒を飲むのも楽しくなるはず!ということで今回は、日本酒の香りを表現するヒントを5つピックアップしてみました。

日本酒選びに失敗しない!日本酒のラベルを見る3つのポイント

日本酒 居酒屋 まとめ

ひとくちに日本酒といってもフルーティーなもの、辛口でスッキリしたものなど、たくさんの種類があります。でも、実際に飲んでみないと味の判断ってできませんよね?今回は「自分好みの日本酒に出会うためのラベルを見る3つ…

鍋のアク取りは本当に必要?覚えておきたいアク取りのコツまとめ

まとめ

冬といえば温かい鍋や煮込み料理が食べたくなりますよね。そんな鍋で気になることのひとつが「アク」ではないでしょうか。そもそも、アクは取る必要があるのでしょうか?その理由と覚えておきたいアク取りのコツをまとめまし…

甘いものが苦手な人におすすめなお菓子5選!プレゼントにも使える♪

スイーツ お菓子 おしゃれ まとめ

甘党の人もいれば当然、甘いものが苦手な人もいるでしょう。甘いのが好きではないという人でもおいしく食べられるお菓子を紹介します。お土産やプレゼントにしても都合がよさそうです。ぜひ参考にしてみてください!

レインボーカラーのコーンも♡ 観賞用にピッタリな一風変わった野菜まとめ

とうもろこし まとめ

食用利用されることが多い食材「野菜」。実は世の中には観賞用として栽培される品種もあるんです!今回は、そんな目で見て楽しむための一風変わった野菜をご紹介。味にクセあって食用には適さないものも、インテリアとして…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

丸上食品ジャンボ本手造り餃子!関東圏でしか流通しない!?幻のおいしさにハマる人増加中!

餃子

東京・足立区に本社と工場を持つ丸上食品。こちらのジャンボ本手造り餃子が旨い! 食べごたえのあるサイズの大きさもさることながら、無添加・国産野菜のみで作られているところにも旨さの秘密が詰まっています。

【吉祥寺】大行列の和牛専門レストラン「ステーキハウスさとう」

吉祥寺 ステーキ

1日に約3000個売れる名物・メンチカツを求める人たちが行列をつくる精肉店「吉祥寺さとう」の2階にある「ステーキハウスさとう」は知る人ぞ知る和牛専門レストラン♪先日放送された「Nスタ」で紹介された限定10食の…

旨い!デカい!北海道・恵庭の 「炭焼豚丼 空海」の1kg超えデカ盛り豚丼、味はミシュランお墨付き!

北海道

北海道に驚きのデカ盛り豚丼があった! その名はBigり丼。ごはん1kgに豚肉400g、総重量1.4kgとマジBigり〜! しかもミシュランガイドのピググルマンにも選ばれており、味は間違いなし! あの大食い女王…

ページTOPに戻る