一般的な「ザンギ」の作り方

おろし生姜、おろしニンニク、その他調味料に鶏肉を漬けこみ、しっかり味を染み込ませます。卵を混ぜた衣をつけて油で揚げたら完成です。お好みでゴマをふりかけましょう。 ラー油をプラスした濃い味つけのザンギは、ご飯がどんどん進みます。少しピリ辛ですから、お酒にも合いますよ。ザンギを食べたことがないという方は、まずこちらをどうぞ!

ザンギの人気アレンジレシピ

1.ザンギのハンバーガー

甘辛いタレで味付けたザンギがたまらないハンバーガー。タレにはスイートチリソースも入っているので、一度食べたらたまらない味付けに仕上げています。 普段使いはもちろんですが、休日のランチやお弁当にも良いですね。頬張ると、美味しさが口いっぱいに広がります。お子様と一緒にいただく場合は、スイートチリソースの量を調整してみてくださいね。

2.お手軽塩ザンギ

こちらは塩ザンギのレシピです。鶏もも肉に酒やおろし生姜、にんにくなどの調味料をで味をしっかり染み込ませます。冷蔵庫でしばらく寝かせた後、小麦粉と全粒粉、片栗粉をまぶして油で揚げたら完成です。 家族みんなが大好きな味で、思わず取り合いになりそうですね。しょうゆ味とはまた違う、さっぱりした味わいをお楽しみください。

3. 鶏より簡単!豚こまザンギ

豚こま肉にすりおろした生姜やにんにく、醤油などで下味をつけます。薄力粉、片栗粉を合わせてまぶし、油で揚げて完成。 お酒が止まらなくなりそうなメニュー。おつまみにはもちろん、ご飯のおかずとしても大活躍です。さくさく揚げたてを食べたいですね。

4.ザンタレ

鳥もも肉に、醤油や酒、ニンニク、生姜などの調味料でしっかり下味をつけ、粉類をつけて油でカラリと揚げます。そこに、調味料を合わせて作ったたれを絡めてでき上がりです。お好みで、レモン汁とネギのみじん切りをかけて食べましょう。 ザンギにタレを合わせたものは「ザンタレ」と呼ばれているそう。北海道釧路の名物として有名だそうですよ。

5.ザンギ巻き

最後は、ザンギをご飯で包んだザンギ巻き。甘酢ダレをつけたザンギをご飯にのせてくるくると巻いて海苔巻きにしたら、でき上がりです。鶏肉は、ももでも胸でもささみでもOK。一緒にレタスやきゅうりなど、お好みの野菜も巻いてくださいね。 お弁当やパーティーのひと品としてもおしゃれでかわいいザンギです。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ