シャンパンとスパークリングワインの違いは?注目ポイントはここ!

お祝いの席で定番のシャンパン。ですが、スパークリングワインとはどう違うのかその違いを正確に把握していますか?シャンパンよりリーズナブルな値段で手に入るスパークリングワインですが、今回は味や製法、条件で異なる違いについて徹底解説していきます。

シャンパンとスパークリングワイン、違いは?

しゅわしゅわした泡が心地よい喉越しの、「スパークリングワイン」と「シャンパン」。どのような違いがあるのか、疑問に感じた方も多いかもしれません。

発泡性のワインを総称してスパークリングワインと呼びますが、そのなかでもぶどうの品種や作り方によって細かく分類がされており、そのひとつがシャンパンなのです。つまりシャンパンは、スパークリングワインのなかのひとつの種類ということになりますね。

スパークリングワインとは?

一般的には、3気圧以上のガス圧を持った発泡性ワインをスパークリングワインと呼んでいます。泡の量で弱発泡性と強発泡性に分かれていますが、一般的なスパークリングワインは強発泡性です。

弱発泡性ワインの産地として有名なのはフランス、ドイツ、イタリアなどで、二酸化炭素の含有量は強発泡性ワインの25〜50%ぐらいなのだとか。強発泡性ワインには、弱発泡性ワインの産地に加えてスペインやアメリカ、オーストラリアなどでも良質のものが造られています。

現在のスパークリングワインは、使用しているぶどうの品種や産地、製法、貯蔵期間などで一定の法的規制を受けています。おいしさの秘密には厳しい規制と管理があるのですね。

シャンパンとは?

次に、シャンパンについて説明します。シャンパンは強発泡性ワインの一種。シャンパンと言えば、モエシャンと呼ばれるモエ・エ・シャンドンがとても有名です。

シャンパンはフランスにあるシャンパーニュ地方の限定された地区で、限定された条件をクリアして生産されたものだけが名乗れるスパークリングワインの名称です。これは、AOC法(原産地呼称管理法)というフランスにあるワインの法律で決められています。

つまり、フランス・シャンパーニュ地方以外で作られたものは、同じ原料・製法でもシャンパンとは呼ばず、スパークリングワインと呼ばれて販売されるのです。

ちなみに、シャンパンの原型は、発酵の完了していないワインにコルク栓をして放置しておいたところ、瓶の中で再発酵して偶然できたものであると言われているんだそう。

スパークリングワインのスマートな開け方

スパークリングワインをスマートに開けるには、音を立てず、泡が溢れ出さないようにする必要があります。では、どのようにすればスマートに開けられるのでしょうか?

1.炭酸がワインに溶け込むよう、ボトルは7度ぐらいまでしっかりと冷やす
2.ボトルはまっすぐではなく斜めに持つ。
3.キャップシールをはがしたら、布をかぶせて針金を緩める。
4.コルク栓を布の上から抑えたら、栓ではなくボトルを回して開けていく。
5.栓が浮き上がってきたら、しっかり押さえたまま少しずつガスを抜く。
6.ある程度ガスが抜けたら布を外し、栓を静かに回して取り外す。

ポイントは栓を抑えてガスを抜くこと。これでポンという音も泡も溢れ出すこともなく、栓を開けることができますよ。お祝いの席や飲み会などでスパークリングワインを開ける機会があれば、ぜひ試してみてくださいね。

グラスを選ぼう!

せっかくスパークリングワインを飲むならば、グラスにもこだわりたいところですよね。

おすすめは高さがあり口径が狭い、フルートグラスです。フルートグラスとは、スパークリングワインの気泡を楽しむためのワイングラスで、気泡が立ち上る様子をゆっくりと鑑賞できます。飲みやすさだけでなく、目で見て楽しむことができるなんて、おしゃれですよね。

結婚式やパーティーでは、乾杯時にソーサー型の浅いグラスが使われます。これはみんなが一気に飲めるように作られたグラスなのだとか。見た目だけの理由ではなかったのですね。

素敵なスパークリングワインライフを

スパークリングワインはシャンパンだけでなく、様々な種類があります。甘口、辛口の違いだけでなく、炭酸の強さや風味も産地や種類によって異なります。もちろん色も、シャンパンゴールドからロゼのようにたくさんあるので、味だけでなくシュワシュワと炭酸が立つ見た目も楽しめますよね。

お祝いにぴったりなスパークリングワイン、自分へのご褒美などプチ贅沢として、ぜひご家庭でもお料理や気分に合わせて楽しんでみてくださいね。
▼これらのお酒の違いは知ってる!?

特集

SPECIAL CONTENTS