何が「生」なの?「生ビール」とそうでないビールの違いを調べてみた

「とりあえず生!」でおなじみの生ビールですが、みなさんは生ビールとはどのような飲み物か説明できますか?生じゃないビールは、一体どのようなものなのでしょうか。今回は、生ビールとビール、発泡酒の違いや、生ビールについての知識について徹底追求!

乾杯の定番「生ビール」とはそもそも何?

みなさん、居酒屋に行くと「とりあえず生!」を注文しますよね。飲み会では定番の飲み物ですが、そもそも生ビールとはどのようなビールでしょうか?ビールの種類で「生」ではないビールはあるのかなど、疑問が多いです。

そこで今回は、生ビールとビールはどのような違いがあるのか、生ビールの定義や味の違い、おいしく飲むためのコツなどをご紹介します。

瓶ビールも缶ビールも「生ビール」

「加熱処理していないビール」が生ビールであることは分かりましたね。該当するものは、瓶でも缶でも同じ。実は、中身はまったく一緒なのです!でも、実際に飲んでみると、どことなく味わいが違う気がしますよね。それはなぜなのでしょうか?

なぜ味わいに違いを感じるのか

樽ビール、瓶ビール、缶ビールは、原材料の違いがなく、同じビールを違う容器に詰めたものです。

いずれの容器にも最適量のガスが注入されていますが、保存期間の関係上、瓶や缶には樽より多くのガスが入っているのです。このガスの量によって、味が変わります。

瓶ビールはグラスに注ぐことが多いため適度にガスが抜けるのですが、缶ビールは直接飲む人が多いはず。直接だと多くのガスをそのまま味わっていることになるので、すこし風味が落ちるような印象を受けるんですね。缶ビールをおいしく飲むには、グラスに注ぐようにしましょう。

瓶や缶をおいしく飲むための「三度注ぎ」

自宅でもビールをおいしく飲むには、注ぎ方にコツがあります。

まずは、冷えたグラスを用意。ビールの温度管理をして3回に分けて注ぐと泡が蓋の役目になり、最後のひと口までおいしく味わえます。

まず最初に勢いよくグラスの半分までビールを注ぎます。次に泡の勢いが落ち着いたらグラスぎりぎりまで注ぎます。最後に泡がグラスから盛り上がるようにそっと注いだら完成です!

たったこれだけで、ビールがおいしく飲めるとは驚きですね。ぜひ、ご自宅でお試しください♪

ビールとの違いは?「生ビール」の定義

ではビールと生ビール、大きな違いはあるのでしょうか?

答えは、製造工程にあります。日本では、製造段階で加熱処理をおこなっていないビールが「生ビール」とされており、実は日本で飲まれている大多数が生ビールなのです。

「生ビール」と「ビール」の違い

ビールは、砕いた大麦麦芽を煮詰めてできる麦汁に「ビール酵母」を入れて、発酵させた飲み物です。酵母菌は生きているので、完成したあとも発酵が進み、風味に変化をもたらします。そのため、放っておくとどんどんおいしくなくなってしまうのです。

昔は、風味を変えてしまう酵母菌を消すため、加熱処理をおこなっていました。しかし、加熱をすると風味が損なわれてしまうという欠点もあったため、なんとか加熱殺菌なしで作れないかとたどり着いたのが、生ビール製法です。

現在ではそんな「生ビール」が国内で普及し、先述の通り、流通しているほとんどのビールが生ビールなんですよ。

発泡酒との違いは?

では、発泡酒との違いはあるのでしょうか?

大きな違いは、原料にあります。ビールは麦芽を2/3以上使用しているもの。一方、発泡酒は麦芽を1/3未満の、発泡性のある酒類です。ビールに比べて発泡酒は安く購入できることも、特徴のひとつですね。

そして、飲んでいる人も多い「第三のビール」。こちらは、ビール風味のアルコール飲料のことを指し、発泡酒よりも安価です。

外国での定義は「樽」

生ビールの「生」は英語で「Draft」ですが、これは「樽から注いだビール」を指します。海外での生ビールの定義は熱処理の有無ではなく、「樽から注ぐ」ことが違いなんですね。豆知識として覚えておきましょう。

熱処理されたビールにはどんな種類がある?

技術の向上により加熱処理をしなくても良くなりましたが、今でも加熱処理ビールは販売されています。ビールと生ビールの違いがわかったところで、ビールも飲んでみたくなりますね。

国産のビールですと、キリンビールの「クラシックラガー」、アサヒビールの「アサヒスタウト」、サッポロビールの「サッポロラガービール」などが該当します。生ビールと飲み比べて、違いを感じてみましょう!

特集

SPECIAL CONTENTS