違いはそこだったのか!「唐揚げと竜田揚げの違い」をチェック

皆さんも「唐揚げ」お好きかと思いますが、「竜田揚げ」とはどこが違うのか、わかりますか?今回はそういえば知らないな!というふたつの揚げ物の違いについてお伝えします。北海道ではおなじみの「ザンギ」についてもご紹介。

唐揚げと竜田揚げ、どこが違うの?

唐揚げも竜田揚げもお好きな方は多いでしょう。でも、どうでしょう、このふたつの違いってご存知ですか?いざ聞かれると、意外と答えられないものですよね。

ということで、今回はこのふたつの揚げ物の違いについて調べてみました。

竜田揚げの由来は奈良の「◯◯川」

竜田揚げは、一般的に知られている鶏肉を使ったもののほかに、他の肉類や魚を使うものもあります。そのようなにおいの強い食材を、醤油などで下味をつけて、片栗粉をまぶして揚げたものを「竜田揚げ」と呼ぶのだそう。

その名前の由来は、奈良県の北西部を流れる「竜田川(たつたがわ)」。肉の赤い色と衣の白い色を、川の白い波の上に浮かぶ赤いもみじに見立てたということなんです。竜田川は紅葉の名所として有名なところですが、そんな風流な説もあるんですね!

唐揚げの由来は中国の普茶料理

唐揚げは、にんにくや生姜で下味をつけたあとに、小麦粉や片栗粉をつけて揚げたもの。肉や魚のほかにも野菜を唐揚げと呼ぶこともあるのだそう。

唐揚げは「空揚げ」とも書きますが、由来は江戸時代に伝来した中国の普茶料理(ふちゃりょうり)で、そのときは "とうあげ" 、"からあげ" 両方の読み方があったんだとか。ですが、当時の唐揚げは今のものと違っており、豆腐を細かく切って油で揚げ、しょう油とお酒で似たものだったそうです。普茶料理はいわば精進料理ですから納得です。

ちなみに今の唐揚げに似た料理は「煎出し(いりだし)」や「衣かけ」と呼ばれていました。

実は、使う材料が違うんです

「唐揚げ」は小麦粉を使い、鶏の唐揚げだけでなく、魚であれ野菜であれ、揚げ物全般を「唐揚げ」といいます。(片栗粉をまぶすという意見も一部あるようですが、小麦粉を使用するというのが多数派です。)

いっぽう「竜田揚げ」は衣を厚くするために片栗粉を使用し、みりんやしょう油・お酒など混ぜ、下味をつけて揚げるものを指します。

ただ厳密な決まりが定められているわけではありませんので、ご家庭やお店によって違いがあることが多いよう。メニューを選ぶ際の参考にしてくださいね。

唐揚げが食卓の定番になった背景

現在の形の唐揚げが外食産業に登場したのは昭和7年、銀座にある『三笠』という食堂が最初です。三笠は経営拡大していたものの営業不振におちいり、苦肉の策として料理長が発案してメニューに出したのが若鶏の唐揚げでした。

その後、第二次世界大戦が終わり、戦後の食料難のなか養鶏場が多く作られるようになって、鶏の唐揚げも普及しました。家庭の食卓に並ぶようになったのはここ30~40年のこと。特に養鶏場が多くあった大分県北部で鶏の唐揚げは親しまれるようになりました。

北海道では、唐揚げ=ザンギ?

さて、北海道では唐揚げを「ザンギ」と呼ぶようですが、これはどこに起源があるんでしょうか?ザンギのほうが味つけが濃いという意見もありますが、このあたりも線引きがあいまいのようです。

ザンギは中華料理の「炸鶏(ザーチー)」から来ており、「運」がつくように真ん中に「ん」の文字を入れてザンギとしたんですって。縁起をかついだというわけです。歓楽街の鶏料理専門店で、骨つきの鶏肉を揚げてソースを添えて出したのがはじまりだったんですね。

愛媛県にも唐揚げのルーツが!?

愛媛県今治市には「センザンキ」というものがあり、これも唐揚げのことだそう。江戸時代にキジをつかまえて揚げ物にしたとか、千さんという人が考案したのでその名前になったともいわれているのですが、文献ではそういった内容が残っておらず、実在したかどうかははっきりしていないようです。

唐揚げと竜田揚げ、おいしく食べよう!

唐揚げと竜田揚げの違い、お分かりになりましたか?食料が豊かになって、山盛りの唐揚げを食べられる幸せをかみしめたいですね。さあ、お好きな方を、アツアツで冷めないうちに召し上がれ!
▼唐揚げと竜田揚げ、おいしく食べよう♪

特集

SPECIAL CONTENTS