冷めてもサクサク絶品!? 家事えもん考案の「唐揚げ」レシピがすごい

人気番組『あのニュースで得する人損する人』で活躍中の家事えもん。彼が考案した新しいレシピはなんと「唐揚げ」。時間がたってもサクサクおいしい唐揚げが簡単に作れてしまうのだとか。どのように作ればいいのか、レシピやその秘密を紹介します。

2017年4月12日 更新

忙しい主婦の味方、家事えもん

日本テレビの人気番組『あのニュースで得する人損する人』で、一躍有名になった「家事えもん」こと、元ジューシーズの芸人・松橋周太呂さん。彼が考案する掃除や料理のマル秘テクニックはどれも秀逸で、スタジオにいるゲストのみなさんも、そろって感心するほどなんです。

特に料理レシピは「かけ算レシピ」と呼ばれ、冷蔵庫に眠っている食材、安くて意外な食材などをかけ合わせて作るその味は絶品なのだとか。

次々とミラクルを生み出してきた家事えもんのレシピで、今回新たに登場したのが「唐揚げ」なんですって。

家事えもんの唐揚げが話題!

大人も子どもも好きな唐揚げですが、家で作ると揚げたてはおいしくても、時間がたつとべちょっとしてしまって、味が落ちる……ということでお悩みの方も多いのではないでしょうか?ところが家事えもんの唐揚げであれば、冷めてもサクサク食感でおいしいので、お弁当に入れるのにもぴったりなんですね。その秘密を探っていくことにしましょう。

家事えもんの唐揚げの作り方のポイント

ブライン液

ブライン液とは、パサパサしたお肉でもふっくらジューシーにしてくれる魔法の液体なんです。といってもその材料はいたってシンプルで、基本は水に砂糖、塩を入れて作るだけです。ブライン液に鶏むね肉を漬けこむだけで、焼いても揚げてもおいしくなるということで、アメリカでは数年前から話題になっているんです。

コーンフレーク

朝食で食べている方も多いであろうコーンフレークも、唐揚げをおいしくしてくれるありがたい食材です。コーンフレークを衣に使うことで、冷めてもサクサク食感が楽しめる唐揚げが簡単に作れちゃうんですよ。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

noranora69

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう