ローディング中

Loading...

きのこのなかでも手に入りやすいしめじは、味にクセがなくどんな料理にも合いますよね。そんなしめじ保存方法と、パスタやご飯、味噌汁などの人気アレンジレシピをご紹介します。しめじの上手な保存方法や冷凍など旨みが増す方法もチェックしてみて。

活用法たくさん!しめじレシピ

きのこのなかでも安価で手に入りやすい「しめじ」ですが、どんな料理に使っていますか?食物繊維を多く含み、クセのない味なのでいろいろな料理に活用できます。今回は、しめじの活用レシピを、スープやパスタ、ご飯、おかずなどジャンル別にご紹介します。

しめじの保存

しめじを保存するときは、水分に弱いため洗わずにそのまま保存しましょう。温度変化にも弱いので常温保存は避けて、ラップに包むか袋などに入れて冷蔵庫で保存し、5日程度で使い切るようにしましょう。冷凍保存もできるので、その場合は石づきを落として小房に分けて、袋に入れます。約1か月保存することが可能です。

また乾燥させて干ししめじでも、長期保存が可能です。3日程度天日干しにしたあと、密閉容器へ入れて保存します。冷凍や干ししめじにすると旨みが増すとも言われています。

しめじの味噌汁やスープ系人気レシピ5選

1.しめじの味噌汁

しめじを使った味噌汁は、しめじだけでもいいし、ほかの具材を入れても合わせやすいですよね。鍋に入れただし汁を火にかけ、煮立ったらしめじと油揚げを加えます。再び煮立ったら味噌を溶き入れ、わかめと、ねぎを加えて器に注ぎます。 しめじは油で炒めてからお味噌汁に入れてもおいしいですよ。

2. さっぱりしめじスープ

あっさり味のしめじのスープは、大根やにんじんの食感が楽しい、具だくさんスープです。鍋に合わせだしの材料としめじ、大根、にんじんを入れて中火にかけます。煮たったら卵を加えて混ぜ、卵が浮かんできたらかいわれ菜を加えてひと混ぜし、器に注いで完成です。

3.じゃがいものミルクスープ

じゃがいもの入ったとろとろのミルクスープは、お子様にも喜ばれそうですね。鍋にバターを入れ、じゃがいもと玉ねぎを炒め、小麦粉を加えて炒め合わせたら、しめじ、顆粒スープの素、牛乳を加えます。煮たったらアクを取り、じゃがいもが柔らかくなるまで煮たら、塩こしょうで味を調えて、器に注ぎパセリを散らします。

4.しめじと鶏肉のお吸い物

しめじと鶏肉のお吸い物は、鶏肉が入ってコクがアップ。しめじのかわりになめこを入れてもおいしいですよ。鍋に顆粒チキンスープの素、水、酒、しょうゆを入れて火にかけ、煮たったら鶏もも肉を加えて煮ます。しめじを加え、再び煮たったらしょうゆで味を調え、わかめ、ねぎを加えて火を止めて器に注ぎます。お好みで七味唐辛子をどうぞ。

関連タグ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

映画の世界を食卓に!飯島奈美さんの「かもめ食堂」レシピ

人気日本映画「かもめ食堂」に登場する、飯島奈美さんのレシピをご紹介します。数々の映画のフードスタイリストを手がけ、レシピ本も出版した飯島奈美さんの料理は、どれも真心こもった温かいものばかり。「かもめ食堂」ファ…

イタリアのおつまみパン「グリッシーニ」のレシピ

ワインのお供にも欠かせない、イタリア生まれのおつまいパン「グリッシーニ」についてまとめてみました。実は簡単に作れるので是非お試しください♡

主婦のお悩み解消!鶏肉をおいしく焼く方法

私も経験ありなんですが鶏肉、特に鶏むね肉をフライパンで焼くとパサついてしまいます。どうにか美味しくジューシーに焼けないものかといつも悩んでました。今回その悩みを解消してくれる素敵な調理法があったのでご紹介しま…

綺麗な人は知っている!?「キウイ」の栄養と簡単レシピ5選

比較的通年にスーパーなどで手に入る「キウイ」。今回はそんなキウイの期待できる効果や栄養などをご紹介します。美容健康効果を求める方は、積極的に摂取したいフルーツですよ。毎朝食べたい簡単レシピもまとめたので、ぜひ…

たまごソムリエ直伝!「温玉ソフトクリーム」のレシピ - 密かなブームの兆し

まさかソフトクリームとあの食べ物が組合わさるなんて…。新作スイーツをソムリエさんからのアドバイスのもと、今回は漫画喫茶(笑)で作ってみました。これはパンケーキなんてものじゃない!次の流行になるのでは?!∩(´…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

ふっくらおいしい!ホットケーキミックスで作れる肉まんのレシピ6選

なんとこの頃はホットケーキミックスで肉まんが作れちゃうそうですよ、奥様!ということで気になったのでちょっと調べてみました。

お酒がすすむ♩ヘルシー志向におすすめのベジつまみ7選

動物性の食材を使用しない、ベジタリアン仕様のお酒のおつまみレシピをご紹介!ベジタリアンでなくても、野菜がたっぷり食べられてヘルシーなら、食べない手はないですよね!?おいしく食べて、楽しく飲んでヘルシーなんてう…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

北海道民が愛する郷土料理「三平汁」について。その歴史や作り方を紹介

「三平汁」とは、北海道の郷土料理で塩漬けされた魚と、保存のきく根菜などを煮込んだものです。北海道の郷土料理は、寒い季節に冷えた身体を、あたためてくれます。では、その「三平汁」が誕生した理由や歴史、レシピなどに…

連載記事

新生姜にこんな食べ方が!旬を楽しむ『新生姜のきんぴら』レシピ

夏から秋に出回る新生姜。通常の生姜に比べてみずみずしく、筋がない新生姜はメイン食材としても使えます。旬の新生姜を楽しむ食べ方には、きんぴらがおすすめ!ごぼうと合わせて、味付けは最小限に。新生姜のスパイシーさを…

連載記事

甘辛くて捗る!つゆが染み込む『うま煮豆腐の卵とじ』レシピ

豆腐と卵で、おかずにもなる簡単おつまみを作ってみませんか?お豆腐を甘辛いつゆで煮たうま煮は、お酒のおつまみに丁度良いボリュームです。卵でとじると美味しいつゆが染み込み、お酒にぴったり。親子丼が好きな人にオスス…

ページTOPに戻る