連載

具はしめじだけ!でも濃厚な『やみつき♩和風パスタ』のレシピ

お酒を飲んだ後、ちょっとお腹に入れたいことってありますよね。「でも、カロリーが気になるし……」と躊躇してしまう時は、ローカロリーな和風パスタはいかがでしょう?しめじをたっぷり使用。具は1種類なのにとっても奥深い味わいに仕上がりますよ。

2017年2月10日 更新

ライター : 前田未希

料理家 / フードコーディネーター

レシピライター、料理教室講師、studio racconto代表。お酒や食べること、作ることが好きな料理家です。「自宅で簡単に、ちょっとお洒落なひとときを楽しむ料理」をご提案します。アニ…もっとみる

飲んだあとは〆パスタ!?

お酒をしこたま飲んだあとは、〆に炭水化物が食べたくなりますよね。 でも、がっつりラーメンを食べるのは、翌朝のむくみも怖いし健康面で避けたいもの。そんな時、よい感じに満足感を得つつ、ヘルシーに抑えられる一品が今回の和風パスタ。 洋風のクリーム系やオイル系のパスタは、どうしてもハイカロリーになりがち。でも、和風仕立てにするとぐっとカロリーを抑えられるんです。 ごま油の旨味で味に深みを出し、最後にひとかけバターを落とすことで濃厚な味に。きのこをたっぷり使用することで、翌日のむくみ軽減も期待できます! 具をあれこれ使って刻む必要もないので、ほろ酔いでゴキゲンな状態でもささっと作れちゃいますよ!皆で少量ずつシェアすれば、より罪悪感なく食べられます。

『やみつき♩きのこたっぷり和風パスタ』のレシピ

分量(1人分)

パスタ 80g〜100g しめじ 1/2〜1パック 醤油 小さじ1 ごま油 小さじ1 すりおろし生姜 1片分 バター 5g 刻みネギ お好みで 黒胡椒 少々

作り方

①しめじは石づきを切り落とし、食べやすい大きさに割く。
ほかに具を入れずに、しめじのみでいただくパスタなので、しめじはたっぷり使うのが美味しさのポイントです。
②鍋にたっぷりのお湯を茹で、塩小さじ1を加えてパスタを茹でる。
茹で終わったあとに具と絡めるので、その時にも麺に火が入ります。その時間を考慮して、パスタは規定の湯で時間から1分引いた時間を茹でましょう。
③フライパンにごま油、すりおろし生姜を熱して香りを出し、しめじを炒める。
しめじに火が入り、しんなりとしたら、パスタの茹で汁を小さじ1加えて混ぜましょう。
④醤油を加えてさっと全体になじませる。
⑤火を止め、茹で上がったパスタを加えて全体を混ぜながら、バターを加えて溶かす。

塩胡椒で味を整えて、できあがり!

パスタが茹で上がったら、あとは素早く仕上げるのがおいしくつくる秘訣です。バターの香りが全体に絡んで、なんとも言えない食欲をそそる香り! 黒胡椒を挽いて、刻みネギをまぶして召し上がれ!薬味はお好みで、刻み海苔や胡麻、唐辛子をまぶしてもOK。お酒で冷えた体を、生姜がじんわりと温めてくれますよ。 ちなみに、細めのパスタや全粒粉のパスタと相性がいいですよ!つるつると喉通りが良く、胃を優しく満腹にしてくれます。これなら安心して〆にいただけますね!
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS