ローディング中

Loading...

肉じゃがやすき焼きに欠かせない「しらたき」と「糸こんにゃく」。これらふたつに明確な違いはあるのでしょうか。今回はしらたきと糸こんにゃくの違いを徹底検証!さらにダイエット中におすすめなしらたきを使った低カロリーレシピをご紹介します。

低カロリー食材のしらたきと糸こんにゃく

弾力のあるパスタのような食感で、ダイエット中の炭水化物の代用品としても人気の糸こんにゃくとしらたき。おかずのボリュームアップができるほか、価格も安いため、食費の節約にもなるとして人気の食材です。

ですが、みなさんはしらたきと糸こんにゃくの明確な違いを聞かれて説明することができるでしょうか。今回は、そんな誰しも一度は疑問に思ったことがあるであろう、しらたきと糸こんにゃくの違いについて、その名前の由来や特徴、しらたきを使ったおすすめレシピをご紹介したいと思います。

しらたきとは?

しらたきの名前の由来

「しらたき」の由来は、その作り方にあります。半透明のこんにゃくの素がシャワーノズルから水に注がれる様子が白い滝のように見えることから「しらたき(白滝)」と名付けられたのが始まりだそうです。

今では中央でリボンのように結ばれている形が一般的なしらたきですが、その発祥は創業100年の青森県にある老舗こんにゃく製造会社「福島屋」と言われています。この工場で作られた結びしらたきを、愛知県にあるナカキ食品が販売しはじめたのが最初で、当時のしらたきは輪ゴムや紐で真ん中の部分を縛って売られていました。

しかし、その頃のしらたきは今よりも大きく、家庭で使う度に包丁で一回一回切らなければならなかったそう。それならば最初から小さいサイズにして結んでおけばいいのでないかという、福島屋の二代目の考えから現在のしらたきのサイズになったようです。

サイズを小さくしたことで、調理が簡単になっただけでなく、食べやすくなり、味も染みやすいと販売当初はかなり話題になったそうですよ。

しらたきの特徴

そもそもしらたきとはどのようにして作るのでしょうか。大まかな部分は糸こんにゃくと同じですが、最後の工程が糸こんにゃくとしらたきでは少し異なります。しらたきや糸こんにゃくの原材料となっているこんにゃく芋ですが、芋は芋でもじゃがいもやさつまいもとはその性質や食感が全く異なります。

こんにゃく芋はアクが非常に強く、素手で触るとかぶれることすらあるのだそう。そのため、じゃがいもや里芋などのようにゆでたり、ふかしたりするだけでは食べることができません。

しらたきは、糸こんにゃくと同じように凝固剤である水酸化カルシウムを加えたあと、シャワーの出口のようなところからお湯の中に細長く出し、流して固めたもののことを言います。

糸こんにゃくとは?

糸こんにゃくの名前の由来

糸こんにゃくは見た通り、糸のような長細い形が由来となっています。白いものをしらたきと言うのが多いのに対し、糸こんにゃくは写真のような茶色いものというイメージが強いですが、色はどちらがどちらという決まりはないのだそうです。

糸こんにゃくの特徴

糸こんにゃくも、しらたきと同様、原材料はこんにゃく芋です。こんにゃく芋をすりつぶしたもの、もしくはこんにゃく芋を乾燥させて粉状にしたものを水に溶かし、凝固剤として水酸化カルシウムを加え、袋や型に入れて熱して固めたものがこんにゃくです。

基本的な作り方は糸こんにゃくもしらたきも同じですが、黒いこんにゃくは海藻粉末が混ぜてあるため、あのような色合いになるのだそうです。昔のこんにゃくは生芋こんにゃくだったため、皮やアクで茶色や灰色のような黒っぽい色をしていたのだそうです。

こんにゃくは粉末で作ると白くなるため、よりこんにゃくらしく、そしておいしく見せるために海藻を入れていると言われています。確かに少し色が付いていた方がおいしそうに見えますよね。

この色に関しては地域によって差があり、東京以西で食べられるこんにゃくは黒こんにゃく、東北地方では白こんにゃくが主流のようです。

しらたきと糸こんにゃくの違い

気になるしらたきと糸こんにゃくの違いですが、いったい何が違うのでしょうか。微妙に作り方の違いはあるものの、見ために大差はなく、どちらも原材料はこんにゃく芋です。そこで、太さ、製造方法ごとにその違いを検証していきましょう。

太さ

まずは太さです。パッと見たところ、あまり大差はないように感じる糸こんにゃくとしらたきですが、糸こんにゃくをより細くしたものをしらたきと呼んでいるところもあるようです。

これに関しては、地域や製造元によって微妙に異なるため、一概に糸こんにゃくよりもしらたきの方が細いとは言えませんが、一般的にはしらたきの太さは2~3mm、糸こんにゃくの太さは4~8mmぐらいのものが多いようです。

製造方法

実は糸こんにゃくとしらたきは製造方法よりも地域差があると言われています。遡ること江戸時代、関東と関西で全く別の製造方法をしていたのです。

<しらたき>
関東地方ではこんにゃく粉を水で溶かし、出来た糊状のものを細い穴に通して糸状のこんにゃくを製造しており、それを「しらたき」と呼んでいたそうです。

<糸こんにゃく>
同じ頃の関西地方では、板こんにゃくを細く切って糸状にした物を「糸こんにゃく」と呼んでいたそうです。元々は関東のしらたきとは明らかに見ためが違っていたんですね。

しかし、現在では糸こんにゃくもしらたきもこんにゃく粉を水で溶き、できた糊状のものを細い穴に通す製法のため違いはなく、主に関東地方ではしらたき、関西地方では糸こんにゃくと呼ばれています。

色の違いによって、白いものが「しらたき」、黒く斑点があるものが「糸こんにゃく」と思われがちですが、どうやら色は関係ないのですね。しらたきも糸こんにゃくも、誕生は江戸時代ですが、しらたきは主に関東で、糸こんにゃくは主に関西で作られたもの。元々製法に違いがあったが現在ではその違いはほとんどなくなっている、と覚えておくとわかりやすいかもしれません。

今は曖昧になっている

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

とろとろ「タンシチュー」の絶品レシピ!圧力鍋や炊飯器での作り方も◎

レシピ 牛タン

とろとろ食感がたまらないタンシチュー、年齢問わず人気ですよね。ポイントさえ押さえれば、意外と簡単に絶品タンシチューを作ることができます。今回は、普通のお鍋を使ったタンシチューレシピと、圧力鍋や炊飯器を活用した…

タレに漬ければ絶品!「カツオの漬け」レシピ&アレンジいろいろ

レシピ まとめ

お刺身のままでも十分においしいカツオですが、あえて「漬け」にして楽しみませんか?今回は、カツオの漬けレシピとタレのアレンジ、カツオの漬けの活用レシピをご紹介!ぜひ参考にして、さらにおいしいカツオを味わってみて…

お家で簡単パティシエ気分♩本格「フロランタン」のレシピを詳しく解説!

レシピ

香ばしいアーモンドとクッキーの相性が抜群の「フロランタン」。ケーキ屋さんなどで目にしますが、じつはお家で手作りすることができるんですよ!今回は、本格フロランタンのレシピや、簡単に作れる人気のアレンジをご紹介し…

人気レシピ大集合!大葉(しそ)香るパスタ16選

パスタ レシピ まとめ

和風パスタの代表格、大葉(しそ)パスタ。お好みのパスタに大葉を散らすだけでおいしくできますが、おすすめのレシピはまだまだたくさん。梅やじゃこが入った人気のものから、バターを使った作り方まで、気になるレシピが、…

おうちで手作り◎ 自然派おやつ「干し芋」の作り方

おやつ レシピ さつまいも アレンジレシピ

炊飯器を活用した干し芋の作り方やおいしい食べ方、アレンジレシピなどご紹介。蒸して天日干しにするだけで簡単に作れます。そのまま食べるもよし、炙ったりバターで焼いたりしてもよし、おかずやスイーツにアレンジしてもよ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

飼い主として知っておくべき!ペットが食べると危険な食材まとめ

まとめ

人間には無害でも、ある動物にとっては有害…という食材もあるそうです。ペットを危険から守るにはしっかりと知っておくべき知識です。あなたの愛するペットを守るためにも把握しておきましょう!

日本酒あるある、外国人観光客が酒蔵に来て驚くポイント3選

日本酒 まとめ

昨今、海外でも日本酒人気が増えているのはご存知なことでしょう。ワインショップに行けば日本酒の取り扱いも増えており、スパークリングな日本酒やヨーグルトの酸味があるものも好評です。そんな外国の方が酒蔵に行く機会も…

料理だけじゃない!?意外なココナッツオイルの使い方5選!

ココナッツオイル まとめ

モデルのミランダ・カーや道端ジェシカも愛用していることで日本でも一気に人気が高まったココナッツオイルですが、実は意外なことにもつかえるとても便利なオイルだったのです。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

記事広告

今年は「もずく鍋」がトレンド⁉︎「魚屋の鍋つゆ」なら魚のエキスパート絶賛の味に♩

魚介をおいしく食べるための「魚屋の鍋つゆ」シリーズが、鮮魚売り場でよく見る万城食品から発売されました!お魚やホタテ、エビなど、魚介のうまみを手軽に引き出せる鍋つゆなんですよ。4種類の鍋つゆを実際に試してみまし…

記事広告

きじまりゅうたさん厳選高級肉ゲット♩「#フォトジェ肉生茶」投稿キャンペーン開始!

生茶にぴったりなお肉料理の写真をInstagramにアップするだけで、料理研究家・きじまりゅうたさんセレクトの高級お肉セットが当たる「#フォトジェ肉生茶」キャンペーンを開催します!とっておきの1枚で参加してみ…

記事広告

おいしくて見た目もかわいい!意外な○○で作るハロウィンレシピ!

納豆 レシピ ハロウィン

納豆を使ったハロウィンメニュー5種をご紹介します!「個性が強い納豆は洋食に合わない」なんてもったいない!トロッととろける食感と濃厚なうまみが、どんな食材とも相性抜群なんです♩見た目もかわいく、意外性たっぷりな…

ページTOPに戻る