ライター : haru_mai

管理栄養士

大学卒業後、医療機関に勤務し栄養指導や献立作成、調理を経験。食事をとおして病気の予防や、日々の食事の大切さについて伝えていければと思います。カフェめぐりや旅行が好きです。

基本はコンソメ!洋風野菜スープの人気レシピ6選

1. たっぷり。野菜とウインナーのコンソメスープ

Photo by macaroni

調理時間:15分
エネルギー:195kcal/1人分(※)
ウインナーと野菜のコンソメスープは定番の味。ひと手間加えていつもと違う味を楽しんでみませんか?ウインナーは、焼き目をつけたらいったん取り出して、その鍋で野菜を炒めると旨みがぎゅっと濃縮されたスープに。辛みのあるチョリソーを使うと、大人も満足できる一杯に仕上がりますよ。

2. 旨みたっぷり。春野菜とあさりの塩バタースープ

Photo by macaroni

調理時間:15分
エネルギー:130kcal/1人分(※)
春キャベツや菜の花、じゃがいもやにんじんなど野菜たっぷりのスープに、あさりの出汁がしみこんだ春らしいひと品です。あさりは煮込むと硬くなってしまうので、いったん蒸し焼きにしてから取り出しておくのがポイント。バターのコクがまろやかで、パンにもごはんにも合う味です。

3. 食感が楽しい!ミックスビーンズともち麦のトマトスープ

Photo by macaroni

調理時間:20分
エネルギー:342kcal/1人分(※)
ミックスビーンズやじゃがいも、にんじんなど具だくさんのトマトスープに、ゆでたもち麦を加えてボリュームアップ。具は小さめにカットすると火の通りが早く、短時間で作ることができます。

4. 手軽に旨みをプラス。野菜とツナの大豆スープ

Photo by macaroni

調理時間:15分
エネルギー:157kcal/1人分(※)
いつものトマトスープにヨーグルトを入れると、酸味とコクがプラスされて本格的な味わいを楽しめます。ツナ缶のオイルで大豆水煮や野菜を炒めて煮るだけなのに、驚くほど奥深いスープに仕上がるんですよ。ヨーグルトは沸騰させると分離するので、煮立つ前に火を止めましょう。

5. 混ぜるだけ。鶏ひき肉と彩り野菜の豆乳コンソメスープ

Photo by macaroni

調理時間:15分
エネルギー:213kcal/1人分(※)
ヘルシーな鶏ひき肉をスープに使ってみませんか?肉団子にする必要はなく、しめじやコーン缶、ズッキーニなどと一緒に混ぜてから火にかけるだけ。鶏の旨みと豆乳のまろやかさが絶妙なバランスで、朝食や夜食にもぴったりです。レタスはアツアツのスープにさっと入れて食感を活かしてくださいね。

6. 寒い朝にぴったり。冬野菜のふわふわ卵スープ

Photo by macaroni

調理時間:20分
エネルギー:234kcal/1人分(※)
大根やにんじんなど冬野菜たっぷりのスープは、寒い日に食べたくなるひと品です。味付けに塩麹を使っていてやさしい風味が楽しめるのも魅力的。仕上げに溶き卵を流し入れれば、ふわふわ食感もプラスされます。栄養満点で、朝食にいただけば元気に一日のスタートを切れそう。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ