鶏肉のカロリー&ヘルシーレシピ5選!ダイエットに向いてる部位は?

比較的カロリーが低いイメージの鶏肉ですが、実際はどうなのでしょうか? 今回は部位別のカロリーや脂質量、含まれている栄養素、ダイエットに適した部位や食べ方、さらにはヘルシーなレシピまでご紹介します。鶏肉を賢く取り入れましょう。

2019年5月23日 更新

ビタミンB6

皮なし鶏胸肉のビタミンB6含有量は、100gあたり0.64mg。(※1)ビタミンB6は体内でさまざまな酵素の手助けをする、補酵素として働いています。また、免疫力を維持するためにも欠かせない存在なんですよ。(※8)

カリウム

皮なし鶏胸肉のカリウム含有量は、100gあたり370mg。カリウムには体内(細胞内)の水分や塩分量を調整する役割があります。余計な水分・塩分はむくみの原因となるので、カリウムを摂取してむくみ対策に役立てましょう。(※9)

リン

皮なし鶏胸肉のリン含有量は、100gあたり220mg。リンはわたしたちの生活を支える大切な栄養素で、細胞やエネルギー、骨・歯の構成成分として働いています。さまざまな食品に含まれているため、通常は不足しにくいと言われているんですよ。(※10)

適した部位は? 鶏肉をダイエットに賢く活用!

3 / 6
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう