ライター : ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅広く書いていこうと思います。日本酒が好きで飲み歩きも多いこの頃。旅行先のカフェに行くのも好きです。どうぞ宜…もっとみる

監修者 : 相羽 舞

管理栄養士

大学卒業後、保育園にて勤務し離乳食と幼児食の献立作成や調理を経験。現在は4歳と2歳の兄弟を大騒ぎで子育て中です。専門的な内容でもわかりやすい記事を目指して執筆しています。

家庭で親しまれる「ハム」

サンドイッチや朝食にぴったりなハム。みなさんの食卓にも登場することが多いのではないでしょうか。薄いロースハムや厚切りのハム、生ハムなど、さまざまな種類がありますよね。最近では、スーパーやコンビニでもバラエティー豊富に取りそろえられています。

そもそもハムとは何かというと、豚肉の塊肉を塩漬けした加工食品のことを指します。主にもも肉を使用して作られることが多いのですが、肩肉やロース肉などのハムも一般的です。

【種類別】ハムのカロリー

冒頭でも述べたとおり、ハムには種類がいろいろあります。代表的なハムの特徴とカロリーについてご紹介しましょう。

プレスハム

プレスハムのカロリーは、100gあたり118kcalです。(※1)

高度経済成長期あたりで普及率が一気に高まったハム。日本独自の製法で、ケーシングに充てんされて作られます。豚肉に限らず、牛肉や馬肉などの細切れ肉を合わせて製造されていることも。昭和40年ごろまでは、ハムといえばプレスハムが一般的といわれていました。

チョップドハム

チョップドハムのカロリーは、100gあたり135kcalです。(※1)

プレスハムと同じように、さまざまな種類の肉を使用し製造されたハムを指します。肉以外の “つなぎ” となる食材の割合がプレスハムよりも多く、安価で購入できるのが特徴。昔ながらのハムカツに使われるのも、チョップドハムであることが多いんですよ。

ボンレスハム

ボンレスハムのカロリーは、100gあたり118kcalです。(※1)

ボンレスハムは、豚のもも肉を使用して作られたハムのこと。脂肪が少なく赤身が多いため、あっさりとしています。カロリーはプレスハムと変わらず、ハムのなかでは比較的低カロリーで食べられますよ。

ロースハム

ロースハムのカロリーは、100gあたり196kcalです。(※1)

ロースハムは、豚のロース肉が使用されているハムのこと。現代の生活になじみ深いハムではないでしょうか。適度に脂肪を含むため、やわらかい食感と旨みのある味わいが特徴です。赤身中心であるボンレスハムよりも、カロリーが高くなります。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS