鶏肉のカロリー&ヘルシーレシピ5選!ダイエットに向いてる部位は?

比較的カロリーが低いイメージの鶏肉ですが、実際はどうなのでしょうか? 今回は部位別のカロリーや脂質量、含まれている栄養素、ダイエットに適した部位や食べ方、さらにはヘルシーなレシピまでご紹介します。鶏肉を賢く取り入れましょう。

2019年5月23日 更新

こちらも意識したい!部位別の鶏肉の脂質

ダイエット中に気にするべきは、カロリーだけではありません。食材に含まれている脂質量も意識したいところ。それでは、鶏肉の脂質量はどれくらいあるのでしょうか?

100gあたりの脂質量

鶏胸肉(皮なし)……1.9g(※1)
鶏胸肉(皮つき)……5.9g(※2)
鶏もも肉(皮なし)……5.0g(※3)
鶏もも肉(皮つき)……14.2g(※4)
ささみ……0.8g(※5)
手羽先(皮つき)……16.2g(※6)
手羽元(皮つき)……12.8g(※7)

カロリーだけでなく、脂質もなるべく抑えたい……そう思うなか、なんとささみの脂質が1gにも満たないことが分かりました!次いで皮なしの鶏胸肉。やはり、皮は取り除いたほうがいいんですね。

鶏胸肉が持つ主な栄養成分と健康効果

ここでは、低カロリー&低脂質で、料理に使いやすい鶏胸肉(皮なし)の栄養成分を見ていきます。

たんぱく質

皮なし鶏胸肉のたんぱく質含有量は、100gあたり23.3g。(※1)鶏胸肉は脂質が少ない分、たんぱく質が多いことが特徴です。たんぱく質は筋肉や骨、血液を作り出すのに欠かせない栄養素なので、積極的に摂取したいですね。
2 / 6
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう