ライター : yuyuknight

占い師

北海道在住の占い師。食道楽が高じて記事書くようになりました。(笑)手作りパンにハマっています。

実は栄養満点!うずらの卵の人気レシピ

小さくなった鶏卵みたいなもんでしょ?と思われがちなうずらの卵。でも実は、鶏卵よりもとても栄養があるんです! ビタミンB群が豊富で、しかも鶏卵よりも鉄分が多く含まれ、ビタミンAやミネラルもたっぷり!昔の中国では「滋養強壮」のために食されたほどで、ダイエット中の栄養補給にも嬉しい低カロリーと食べごたえ。小腹がすいた時には強い味方です♪ 今回はそんなうずらの卵の人気レシピをご紹介します!お弁当のおかずに使うもよし、おつまみにするのもいいですよ。

知ってる?うずらの卵の茹で方

うずらの卵を調理する際には、茹でなきゃいけないですよね。そこでまずは、うずらの卵の茹で方をご紹介します! 鍋に1cmほどの高さまで水を入れ、沸騰させます。沸騰したらうずらの卵を入れ、フタをして弱火で2分茹でましょう。茹で終わったら火を止め、5分ほど置いた後に水につけて皮を向いたらできあがり!とても簡単ですね♪ ▼詳しいレシピはこちら

意外と簡単!うずらの卵のキレイな剥き方

卵の殻を剥く時、バラバラと割れて時間がかかってしまうことがよくありますよね。うずらの卵はさらに小さいからもっと難しいのでは?いや、そんなことないんです! 茹で終わった鍋からお湯を捨て、鍋を左右に振って卵を割ります。そこに改めて水を入れ、ヒビの入っているところを破るとスルスルっと向けるんですよ。ぜひ試してみてください。

うずらの卵を使った人気レシピ10選

うずらの卵はいろんな料理に応用できますが、今回はその中でも人気のレシピをご紹介します!子供が喜ぶものから大人のお酒のおつまみまで、種類豊富なレシピをぜひお試しあれ♪

1. そのまま楽しめる♪うずらの卵の醤油漬け

まずはうずらをそのまま使ったシンプルな料理。醤油、顆粒だし、みりんなどで作っただしを軽く沸騰させます。殻をむいたうずらの卵を入れて1時間つけると完成です!簡単で嬉しいですね♪

2. ボリュームマックス!うずらの卵と豚肉のダブル肉巻き

なんと、うずらの卵をお肉巻いたという1品。見た目が可愛く、しかもボリューム満点!照り焼きソースや焼肉のたれでもおいしく作れますよ。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS