ライター : satto

グルメライター

おいしい食べ物とお酒が大好きな、東北出身のグルメライター。みなさんに、たくさんの素敵な情報をお届けします♪

うずら卵のゆで方とゆで時間

うずら卵のゆで方は、基本的には鶏卵のゆで方と変わりません。しかし大きさが鶏卵よりも小さい分、ゆで時間は短くてすみますよ。

水からゆでる方法

1. うずら卵を鍋に入れ、ひたひたに被るぐらいの水を入れます。
2. 箸で卵を転がしながら火にかけます。沸騰したら少し火を弱め、2分間加熱します。
3. 2分経ったら火を止めて、2分間放置します。
4. 冷水にさらして、完全に冷めれば完成です。

お湯からゆでる方法

うずら卵をお湯からゆでる場合には、必ずあらかじめ常温に戻しておきます。冷たい卵をお湯に入れると、割れてしまうので気を付けましょう。

1. 鍋にたっぷりの水を入れ沸騰させます。
2. お玉やスプーンを使ってうずら卵を鍋に沈め、ゆっくりと転がします。
3. 3分~3分半ゆでます。
4. 冷水に浸けて冷まします。

半熟にする場合は?

半熟にするのは、ゆで時間の調整がむずかしそう……と、諦めるのはもったいない!うずら卵を半熟に仕上げるにはいくつかの方法がありますが、なかでも手軽に作れる3種類の方法をご紹介します。

1. 半熟うずら卵の基本のゆで時間

うずら卵を半熟にゆでる場合の、時間の目安は以下の通りです。

かなり半熟……2分
黄身だけ半熟……2分15秒~30秒


白身を固めるためには2分ほど加熱します。あとはお好みによって微調整をしましょう。3分を過ぎると黄身が固まる「固ゆで」になってしまいますよ。

2. 少量の水で時短

うずら卵を半熟にゆでるとき、少量の水で仕上げる方法をご紹介します。水がすぐに沸騰するため、時短で作れるのがうれしいポイント。忙しい朝や、うずら卵であとひと品作りたいときにどうぞ。

【作り方】
1. うずら卵のおしり(まるい方)に軽くヒビを入れます。
2. フライパンや小さい鍋にうずら卵を入れ、水大さじ2杯を卵にかけるように入れます。
3. ふたをして強火で2分半加熱したら、氷水に浸けて冷まします。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ