うずらの卵の活用法まとめ!基本のゆで方とおすすめレシピ20選

コロンとかわいいうずらの卵。ひと口サイズでお弁当や料理のトッピングにも使いやすい食材です。ここではうずらの卵のゆで方とおすすめレシピをご紹介します。うずらの卵はアイデア次第でアレンジもたくさん♪食卓にCUTEなうずらの卵をプラスしませんか?

2018年11月9日 更新

うずらの卵の基本のゆで方&ポイント

うずらの卵のゆで方

1. うずらの卵は常温に戻しておく。
2. 水を入れた鍋を強火にかけ、沸騰したらうずらの卵を入れます。
3. 菜箸でうずらの卵をゆっくりころがしながら2〜3分半茹でます。
4. 鍋から取り出して冷水につけて完成です。

ゆでる時のポイント

・熱湯にいれたときに殻が割れるのを防ぐために、あらかじめうずらの卵を常温に戻しておきましょう。

・菜箸でうずらの卵をころころ転がすことで、黄身が中央にきて、カットしたときにキレイな断面になります。

・ゆで時間は半熟にしたいときは2分半、固めにしたいときには3分半程度がおすすめです。

・茹でたら冷水につけることで白身が殻につくのを防ぎ、殻が剥きやすくなります。

うずらの卵でお弁当レシピ5選

1. 花柄アレンジ♪うずらのゆで卵

ちょっとひと手間くわえるだけで、とってもかわいいうずらの卵がつくれます。作り方は楕円型にしたストローでうずらのたまごの白身を花型に抜きます。黄身がみえて黄色の花の完成!魚肉ソーセージを使えばピンク色のお花も作れちゃいます。ピクニックのお弁当にもおすすめですよ。お花うずらでお弁当を飾りましょ♪
1 / 6

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

megyu

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう