ライター : megyu

食生活アドバイザー

おしゃれでおいしいレシピを探すのが趣味な2児の母。家族に喜んでもらえる新しいレシピを日々勉強中です。 アロマテラピーアドバイザー・ナチュラルビューティースタイリスト・野菜&…もっとみる

旨味たっぷりなきのこで料理を作ろう!

きのこはコスパがよく、手軽に料理に使用できる食材。さまざまな味付けや調理法に合うので、料理のバリエーションが豊富です。この記事では、余ってしまった場合にも役立つ大量消費レシピや作り置きレシピを紹介します。

きのこを料理するときのポイント

  1. 洗わずに濡れたキッチンペーパーで汚れを落とす
  2. アルミ製の鍋やフライパンを使わない
  3. うまみをを引き出すには水から入れてしっかり煮込む
  4. 炒めるときはきのこをあまり動かさない
  5. 揚げるときはかさの表面から加熱する
きのこは水洗いをすると水分を吸い、風味が落ちてしまうので、ふきんやキッチンペーパーで汚れを落とします。

加熱する際は、酸化による変色を防ぐためにアルミ製ではない鍋やフライパンを使用するのがおすすめです。きのこは50~70℃で加熱するとの旨味が引き出されるので、だしをとるときは水から入れて煮込みましょう。

炒めると水分が出るため、強火で手早く加熱して旨味を凝縮させるのがポイント。あまり動かさずに、香りが出てからひっくり返しましょう。(※1)

夕飯にぴったり。きのこで作る「メインおかず」5選

あとひと品に!きのこで作る「副菜・サラダ」レシピ6選

ボリューム満点。きのこで作る「麺・ごはんもの」7選

ヘルシーレシピも。きのこで作る「スープ」7選

きのこのおいしさをたっぷり味わおう

きのこは種類によって風味や歯応えが違うので、料理の調理方法や味付けに合わせて使い分けてください。お好みのきのこを組み合わせてアレンジをするのもおすすめです。

コスパのいいきのこはかさ増し食材として活用できるので、食費を抑えたいときにも便利ですよ。ぜひご紹介したレシピを参考に、きのこ料理を堪能してくださいね。

【参考文献】
(2022/07/21参照)
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ