コスパ抜群!きのこダイエットのやり方を管理栄養士が解説

お財布にやさしくさまざまな料理に登場するきのこ。ヘルシーなイメージからダイエット中も食べる方が多いのではないでしょうか?この記事ではきのこに含まれるダイエットにお役立ちの栄養素や、気になるカロリー、糖質を解説。おすすめの食べ方をレシピとともにお伝えします。

2019年12月16日 更新

きのこダイエットは痩せる?痩せない?

ヘルシーなイメージのあるきのこですが、だからと言ってきのこだけを食べればせやるというわけではありません。偏った食事をしているとエネルギーを消費するために必要な栄養素が不足してしまい、やせにくくなってしまう可能性も考えられます。 普段の食事にきのこをプラスしてかさ増ししたり、高カロリーな食材と置き換えたりするのがおすすめ。カロリーカットが期待できます。

きのこダイエットのやり方

一般的なやり方

みそ汁の具材にたっぷり使ったり、炒め物に混ぜたりと、いつもの食事にきのこをプラスすると、カロリーをあまり上げずに食べ応えやボリューム感を出すことができます。 また、空腹のあまり食べ過ぎてしまうことのないよう、高カロリーなメニューを食べる前にきのこ料理を食べておくというやり方もあります。

おすすめのやり方

かさ増しをする

低カロリーな上に歯ごたえがあるきのこはかさ増しにぴったりの食材です。 たとえばダイエット中に食べすぎ注意な白いご飯。きのこをたっぷり入れた炊き込みご飯にすれば、同じ茶碗一杯でもご飯のカロリーや糖質をカットできます。

高カロリーな食材と置き換える

カロリーの高い食材の代わりにきのこを使う例のもおすすめ。 たとえばパスタの代わりに一部えのきを使えば、低カロリーな麺料理ができあがります。細かく刻んだきのこをハンバーグのタネにしたりと、いろいろな活用方法があります。

きのこダイエットの注意点

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS