ライター : taki

料理家

調理師/食育インストラクター3級/薬膳アドバイザー。調理師専門学校を卒業し、和食/イタリアン/ベーカリー/ケータリングなど様々な店で修行後、おべんとう屋"takiben"を主宰(店舗販売は…もっとみる

パスタを上手に作るポイント

いつも何気なく作ってしまいがちなパスタですが、基本をおさえることで仕上がりが格段によくなります。今一度、作り方のポイントを見直してみませんか?パスタの太さや量によってゆで時間や塩加減はさまざま。ささっとポイントをおさえて、おいしいパスタを作りましょう。

お湯の量と塩加減

パスタをゆでるときは、たっぷりのお湯を使うのが基本。1人前のパスタ(100g)なら1Lのお湯を使いましょう。

塩分量は好みもありますが、お湯の量に対して0.5〜2%と言われています。0.5%で換算すると、1人前で小さじ1杯(5g)の塩の量に。2%の塩を使うと、お店のようなしっかり塩味のついたパスタに仕上がります。お好みで調整してみてくださいね。

ゆで時間の目安

パスタの太さとゆで時間の目安は以下を参考にしてください。
・太さ1.2mm……3分
・太さ1.3mm……4分
・太さ1.4mm……5分
・太さ1.5mm……6分
・太さ1.6mm……7分
・太さ1.7mm……8分
・太さ1.8mm……10分
・太さ1.9mm……11分

ソースをからめる場合は、記載の時間より1分ほど早くあげることをおすすめします。

詳しいパスタのゆで方はこちら▼

めんつゆで作るお手軽和風パスタレシピ8選

1. 和えればOK。釜揚げしらすと梅のパスタ

Photo by macaroni

たっぷりの釜揚げしらすと梅干しを使う和風パスタです。パスタをゆでて具材を和えるだけなので、ソースをからめる手間はなし。めんつゆに溶かしバターを加えることで、ぐっとコクがでます。ポイントは梅干しを細かく刻んでおくこと。パスタに味がしっかりからんで酸味と塩味がちょうどよく仕上がります。

2. 粘りがクセになる。納豆パスタ

Photo by macaroni

納豆と天かすでシンプルにおいしい和風パスタ。七味唐辛子や小口ねぎなどお好みのトッピングで楽しみましょう。パスタをゆでたら、あとは具材を混ぜるだけの簡単レシピ。小粒納豆やひきわり納豆を使うとより味がからみやすいですよ。もっと時短で仕上げたい方は、パスタを電子レンジで加熱する方法もあります。

3. 旨味たっぷり。きのことベーコンの和風ペペロンチーノ

4種類のきのこをたっぷり使うペペロンチーノ。ベーコンの旨味ときのこのだしが効いています。ベーコンはフライパンを傾けて、オリーブオイルの中でカリカリに焼くのがポイント。旨味と香ばしさが増しますよ。ベーコンがなければお手軽にウインナーやハムを使ってもOK。冷蔵庫にあるもので作ってみましょう。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ