ライター : 渡辺 りほ

管理栄養士

学校給食センターにて、管理栄養士として献立作成や食に関する指導に従事した経験から、子どもたちだけでなく幅広い世代への「食育」に興味を持つ。現在は在宅WEBライターとして、栄養学…もっとみる

ダイエット中でもバレンタインを楽しむ方法

手作りする

バレンタインが近づくと普段とは違うお菓子が販売されていて、つい手が伸びますよね。しかし、チョコレートのお菓子は糖質や脂質が多く含まれており、高カロリーな点に注意が必要。ガトーショコラはひと切れ(79g)あたり300kcal、チョコレートトリュフは1個(16g)あたり78kcalです。

ダイエット中の方は、低カロリーなお菓子のレシピを選んで手作りするのがおすすめ。市販品よりもカロリーを抑えることで、バレンタインを罪悪感なく楽しめます。(※1,2)

食事の量を調整する

バレンタインの日にお菓子をもらって、ダイエット中なのについ食べ過ぎてしまった……という場合は、ほかの食事の内容を工夫してカロリーを調整しましょう。

前述したように、お菓子には糖質や脂質が多く含まれています。ごはんやパンなどの糖質が多い主食は、いつもより量を減らすとカロリーオフできますよ。また、揚げ物のおかずを避け、油を使わずに作れる鍋ものやホイル蒸しなどを選びましょう。

ダイエット中でも安心!手作りで仕上げるバレンタインレシピのポイント

かさましする

ガトーショコラやパウンドケーキなどの焼き菓子は、低カロリー・低糖質な豆腐を生地に加えるとかさ増しができ、ヘルシーながら満足感のある仕上がりになります。

絹豆腐のカロリーは100gあたり56kcalと、小麦粉の1/6以下。また、豆腐のほかに、低カロリーな果物や野菜をお菓子作りに活用するのもおすすめです。(※3)

薄力粉を代用する

お菓子に糖質が多く含まれる原因のひとつが、高糖質な薄力粉をたっぷり使うこと。薄力粉100gあたりには、73.3gもの糖質が含まれています。

薄力粉をおからパウダーやオートミールに置き換えると、大幅な糖質カットにつながります。おからパウダーの糖質量は100gあたり8.7g、オートミールは59.7gと、いずれも薄力粉より低糖質です。(※3)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ