ダイエット中におすすめの朝ごはんレシピ5選

1. 落とし卵の具だくさん味噌汁

Photo by macaroni

たっぷりの野菜が食べられる、出汁の風味が食欲をそそるひと品です。朝から包丁を使っている時間のない方は、大根とキャベツの代わりにカットわかめを入れて時短するといった方法も。温かい味噌汁が身体を温め、代謝をアップさせてくれます。おにぎりと組み合わせて食べれば栄養バランスが良くなりますよ。(※7)

2. オートミールとドライフルーツ入りグラノーラ

Photo by macaroni

ごはんやパンに比べて食物繊維が豊富なオートミールは、ダイエットにぴったりな食材です。ビタミンをたっぷり含むドライフルーツと組み合わせることで、栄養もばっちり摂れます。

穀類のオートミールや果実類のドライフルーツには、不溶性食物繊維が多いので、腸内環境を整え、便通を促してくれますよ。はちみつの甘さがあとを引くおいしさです。(※10,15,16,20)

3. 自家製ドレッシングのシーザーサラダ

コンビニやスーパーのカットサラダにひと手間加える、食べ応え抜群の味わい深いサラダレシピです。シーザードレッシングにヨーグルトを使用することで、まろやかさが加わります。

食事のはじめに野菜を食べると食後血糖値の上昇を抑えられるので、サラダはダイエット中積極的に摂り入れたいひと品。香ばしさアップのため、ベーコンを十分に炒めるのがポイントです。(※9)

4. はちみつりんごのホットヨーグルト

Photo by macaroni

忙しい朝や、食欲のないときにも食べやすいひと品です。ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、腸内環境を整えるはたらきがあります。腸内環境を整えてお通じを良くすることは、肥満の原因である便秘対策になりますよ。シナモンの香りがホットヨーグルトをおしゃれに引き立てます。(※5,21)

5. レタスとハムのふんわり卵

ごはんにも、パンにも合わせやすいおかずレシピです。3つの食材で、簡単なのに栄養バランスの取れたひと品に。レタスのシャキシャキ感を残すために、あまり炒め過ぎないことがポイントです。シンプルな味付けで食べやすく、朝食にぴったりですよ。

ダイエット中もポイントを抑えて朝食をしっかり食べよう!

朝食を食べることで、体内時計が整ったり便通が良くなったりして、太りにくい身体づくりが期待できます。

パンだけ、サラダだけといった単品食べでなく、いろいろな食品を組み合わせてバランスよく食べることが大切です。体温をアップさせる温かい食事のほか、食物繊維の豊富な野菜や、全粒粉入りのパンやもち麦入りごはんを上手に取り入れましょう。

コンビニ食を利用する場合は、具だくさんの汁物のほか、たんぱく質源となる肉、卵、魚などの具がたっぷり入ったサンドイッチやおにぎりがおすすめです。朝食をしっかり食べて、健康に痩せられる身体づくりを目指してみてはいかがでしょうか?
【参考文献】
(2021/09/29参照)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ