「チアシード」の効果って?1日スプーン一杯でダイエットのつよい味方に

芸能人にも愛用者の多いスーパーフード、「チアシード」。ダイエットに高い効果があるようですが、どんな働きをするのでしょう?チアシードの栄養分や、食べ方についてご紹介します。効果的に取り入れる方法を知り、チアシードできれいを目指しましょう!

2017年11月19日 更新

α−リノレン酸

α−リノレン酸は、体内で作り出せない、必須脂肪酸の一つ。オメガ3系脂肪酸の一つで体内でIPAやDHAへ変換され、コレステロールや中性脂肪の値を低下させ、血液をキレイにしてくれる作用が期待できます。

セレン(セレニウム)

セレン(セレニウム)はミネラルの1種で抗酸化作用が非常に高く、過酸化脂質の分解・抑制、老化予防、アンチエイジングに役立ちます。あまり聞き慣れない成分ですが、女性にとって注目しておきたい嬉しい作用があります。

食物繊維

食物繊維はダイエット中なら欠かせない栄養素で、腸内環境を整え便秘対策に有効ですよね。チアシードは大さじ一杯(約10〜12g)で約3.4gの食物繊維をとることができます。100gに換算すると約34.4g!食物繊維が多いと言われるごぼうやアボカドの約7倍の量に相当します。

鉄分

鉄分を含む食品は他にもありますが、チアシードは100g当たり約7.7mg。鉄分が豊富と言われるほうれん草の約3倍以上含んでいます。女性に欠かせない鉄分をスプーン一杯で、効率よく補えるのは、チアシードならではと言えるでしょう。
2 / 8
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ぽん

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう