食物繊維

腸内環境を整え、便秘対策に役立つ食物繊維。ダイエット中には積極的に摂りたい栄養素です。チアシードは乾燥状態のもの小さじ1杯(3g)で1.1gの食物繊維を摂ることができます。この量は、食物繊維が多いことで知られる、ごぼうやアボカドの6倍以上に相当します。

また、チアシードに含まれる「グルコマンナン」という食物繊維は、水分を吸収して大きく膨張する特徴が。摂取すると胃の中で膨らみ、満腹感を感じやすくなるため、ダイエット中の食べ過ぎ対策に役立ちますよ。(※5,6,7,8)

鉄分

チアシードに含まれる鉄分は、乾燥状態のもの小さじ1杯(3g)あたり0.2mg。鉄分が豊富といわれるほうれん草の3倍以上に相当します。

鉄分が不足すると、全身に酸素を運ぶヘモグロビンの材料が減り、酸素が十分に行き渡らなくなってしまいます。女性は月経や妊娠、授乳など、鉄分を失う機会が多いです。女性が特に必要とする鉄分を効率よく補えるのは、チアシードならではといえるでしょう。(※5,7,9)

カルシウム

骨や歯の構成成分であるカルシウムは、乾燥状態のチアシード小さじ1杯(3g)に17mg含まれています。

体内のカルシウムは、99%が骨や歯に存在。残りの1%は血液や体液で生命活動に欠かせない、重要な役割を担っています。カルシウムは一度にたくさん摂っても吸収できる量は決まっているため、毎日継続して摂ることが大切です。(※5,7,10)

たんぱく質

たんぱく質はエネルギーを生み出す栄養素のひとつ。筋肉や皮膚の構成成分や、ホルモンや酵素の材料として重要な成分です。乾燥状態のチアシードには、小さじ1杯(3g)に0.6gのたんぱく質が含まれています。

ダイエット中に低カロリーを意識し過ぎていたり、食事を簡単にすませたりする習慣があると、たんぱく質が不足してしまうことが。不足した状態が続くと、体力や免疫力の低下につながるおそれがあるため、毎食しっかり摂りたい栄養素です。(※5,7,11,12)

女性にうれしい効果がたくさん

ダイエット

チアシードにもっとも期待されている作用といえば、やはりダイエットではないでしょうか。前述したチアシード最大の特徴である「水分を含むと、10倍ほどに膨らむ」という性質が、ダイエットに役立つのです。

食事の前にチアシードを摂ると、グルコマンナンが胃の中で膨らみ、満腹感が得られやすくなるため、自然と食事量が減ってカロリーを抑えることが可能。普段の食事を大きく変えたり、無理な食事制限をしたりする必要がないため、ダイエットの負担を減らせますよ。(※1,8)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS