ライター : 渡辺 りほ

管理栄養士

学校給食センターにて、管理栄養士として献立作成や食に関する指導に従事した経験から、子どもたちだけでなく幅広い世代への「食育」に興味を持つ。現在は在宅WEBライターとして、栄養学…もっとみる

らっきょうの栄養成分と効果効能

カリウム:むくみ対策

生のらっきょう100gあたりには、カリウムが230mg含まれています。カリウムはミネラルの一種で、細胞の水分保持に関わる栄養素です。

また、カリウムは、ナトリウム(塩分)の排出を促す作用があります。塩分の過剰摂取はむくみの原因のひとつです。らっきょうに豊富なカリウムの作用は、むくみ対策に役立ちますよ。(※1,2,3)

水溶性食物繊維:便秘対策

生のらっきょう100gあたりには、水溶性食物繊維が18.6g含まれています。水溶性食物繊維は便をやわらかくする性質があるため、便秘対策に役立ちますよ。便が固くなりやすい方は積極的に摂りましょう。

また、水溶性食物繊維は善玉菌のエサとなり、腸内環境を整える作用があります。納豆や味噌など、善玉菌を含む食材とらっきょうを組み合わせると、相乗的な作用が期待できます。(※1,4)

硫化アリル:血行促進効果

らっきょうには、硫化アリルという香り成分が含まれています。硫化アリルは末梢の血行を促し、身体を温める作用があります。冷え性の方におすすめの成分です。

ほかにも、硫化アリルは豚肉やうなぎに豊富なビタミンB1の作用を持続させたり、血中のコレステロール値を下げたりするはたらきがあります。(※5,6)

ナイアシン:二日酔い対策

生のらっきょう100gあたりには、ナイアシンが2.4mg含まれています。ナイアシンはビタミンB群のひとつで、補酵素として糖質・たんぱく質・脂質の代謝をサポートするはたらきがあります。

また、ナイアシンはアルコールの代謝に関わる栄養素です。二日酔いを引き起こすアセトアルデヒドの分解を助けてくれますよ。二日酔い対策として、おつまみにナイアシンが豊富ならっきょうを食べるのがおすすめです。(※1,7)

パントテン酸:ストレスの緩和

生のらっきょう100gあたりには、パントテン酸が0.56mg含まれています。ナイアシンと同様に、パントテン酸もビタミンB群です。エネルギー代謝や、薬物の解毒に関わっています。

また、パントテン酸は副腎皮質ホルモンの合成に関わっています。副腎皮質ホルモンはストレスを緩和するはたらきがあるため、パントテン酸はストレスが多い方におすすめの栄養素です。(※1,7,8)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ