「チアシード」の効果って?1日スプーン一杯でダイエットのつよい味方に

芸能人にも愛用者の多いスーパーフード、「チアシード」。ダイエットに高い効果があるようですが、どんな働きをするのでしょう?チアシードの栄養分や、食べ方についてご紹介します。効果的に取り入れる方法を知り、チアシードできれいを目指しましょう!

2017年11月19日 更新

チアシードは「栄養素の宝庫」

海外セレブが愛用していたことから話題になったスーパーフード、「チアシード」。美容や健康情報に敏感な人のなかには、すでに試したという方も少なくないのではないでしょうか?

日本でも多数のモデルや女優の方が、体型維持のために取り入れています。

でも、チアシードという名前は知っているけれど、どんな効果があるのか、一日にどのくらい食べればいいのか、詳しいことは分からない人もいますよね。

ゴマよりふた回りも小さいですが、驚きのパワーを秘めたチアシードは別名「栄養素の宝庫」と呼ばれるほど。

そんなチアシードについて知って食べることで、もっときれいに近づきましょう!

「チアシード」とは?

チアシードは「チア」というシソ科の植物の種で、メキシコやグアテマラが原産国と言われています。チア自体は紫や白の花を咲かせる植物ですが、栽培は種子、つまりチアシードをとるために行われている場合がほとんどです。

このチアシードは一般的には黒い色をしていますが、中には白いものもあり、特徴なども微妙に異なっているのです。

チアシードの一番の特徴は、とにかくよく水分を吸収してくれるという性質にあります。水分につけて10分ほどおくと、チアシードが水分を吸い込んで、周辺をゼリー状に変化させるのです。

このときにチアシードは「グルコマンナン」というこんにゃくにも含まれる成分を作ります。ゼリー状になった部分はこんにゃくにも通じるプルプル感があるんですよ。
▼栽培にチャレンジするならこちら!

黒いものと白いものの違いって?

チアシードには黒いものと白いものがあると述べましたが、その違いは色だけではありません。一般的な黒いチアシード(ブラックチアシード)に比べて、白いチアシード(ホワイトチアシード、もしくはサルバチアシード)の方がダイエットにより効果があると言われています。

それは、その膨張率の差が理由なんです。水分を含んだときの膨張率が、ブラックチアシードは約10倍なのに対して、ホワイトチアシードは約14倍なのです。同じ量でも得られる満腹感が異なっているため、ダイエットにはホワイトチアシードがおすすめなのです。

注目したい栄養がたっぷり

チアシードが優秀な食品とされる理由は、栄養価の高さにあります。「人の生命維持にはチアシードと水があればよい」という言葉まであるそうですから、期待は高まりますよね。

特に豊富に含まれているのは、たんぱく質、ミネラル(カルシウム、カリウム、鉄、亜鉛など)、ビタミンB群、食物繊維、α-リノレン酸など。

これらの成分のなかで、特に注目すべきものをあげてみたいと思います。
1 / 8

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ぽん

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう