ライター : 白江 和子

管理栄養士

関西在住の主婦です。専門的な話題もわかりやすく、また楽しくお届けできるように頑張ります!よろしくお願いいたします。

そもそもカニカマって何でできてるの?

そもそも、カニカマって何からできているか、考えたことがありますか?カニでないことは確かですよね。商品によって差異はありますが、カニカマの原材料は「すけとうだら」という魚のすり身。それに卵白、でんぷん、食塩そして着色料と調味料などが加えられます。

成分からみるカニカマの栄養素は?

カロリー

カニカマのカロリーは100gあたり89kcal、1本(約15g)では13kcalです。

同じ練り製品のカロリーは、100gあたり蒸しかまぼことはんぺんが93kcal、魚肉ソーセージは158kcalなので、比較的低カロリーな食材といえそうですね。(※1,2,3,4,5)

たんぱく質

カニカマのたんぱく質は、100gあたり12.1g、1本(約15g)では1.8gです。

カニカマには特に栄養がないと思っていませんか?カニカマは魚のすり身からできているので、多くのたんぱく質を含んでいます。食事でたんぱく質が不足気味のときはサラダやスープ、和え物などに加えると、たんぱく質が補えますね。(※1,2)

糖質

糖質量は、100gあたり9.2g、1本(約15g)では1.4gです。同じ練り製品のはんぺんは100gあたり11.4g、魚肉ソーセージは12.6なので、比較的低糖質と考えられます。低糖質ダイエット中の食事にも、取り入れられますね。(※1,2,4,5)

脂質

カニカマの脂質は100gあたり0.5g、1本(約15g)では0.1g。一方、はんぺんは100gあたり1.0g、魚肉ソーセージは7.2gの脂質を含んでいます。カニカマの脂質は比較的少なく、ヘルシーな食材ということがわかりますね。(※1,2,4,5)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ