便秘対策

便秘対策には、チアシードに含まれる食物繊維が役立ちます。食物繊維の一種であるグルコマンナンは、チアシードが水分を吸収して膨らんだときにまわりにできる、ぷるぷるした部分。このゼリー状の成分には、便をやわらかくして排便を促す作用がありますよ。

また、グルコマンナンが腸内細菌により分解されるとオリゴ糖ができ、ビフィズス菌のエサになることで腸内環境を整えます。(※6,8)

肌の健康

チアシードに含まれるアミノ酸は、体や肌の健康にかかわる成分です。肌の真皮に存在するコラーゲンを構成しているのはグリシン、プロリン、アラニンなどのアミノ酸。体内でコラーゲンを合成するためには、これらのアミノ酸の摂取が重要といわれています。

また、チアシードは食物繊維が豊富で整腸作用があることから、腸内環境の悪化による肌荒れ対策にもなりますよ。(※6,13,14,15)

冷え性対策

冷え性の原因のひとつとして、血液の流れが悪いことが挙げられます。

チアシードに含まれるα–リノレン酸は、前述した通り、血流をよくする作用があります。血液がスムーズに体内を循環することで、血行がよくなり冷え性の対策につながります。(※3,16)

老化対策

年齢を重ねるごとに肌に現れるしみやシワは、「老化」の印象を与える大きな要因のひとつ。

チアシードに含まれるセレンは抗酸化反応にかかわるため、しみやシワの原因となる活性酸素から体を守り、老化対策に役立ちますよ。(※4,17)

食後血糖値の上昇を抑える

チアシードに含まれる食物繊維には、食後の血糖値の上昇を抑える作用があります。

食後に血糖値が上昇すると、インスリンというホルモンが血糖値を下げる際に血中の糖分を脂肪として溜めこむよう作用します。チアシードを食前に食べて、血糖値の上昇をゆるやかにすることで、インスリンの過剰な分泌を抑えられますよ。(※6,8,18)

効果が表れるまでの期間は?

チアシードは摂取すると胃の中で膨張するという特徴があるので、満腹感がすぐに感じられ、食欲を抑えてくれます。

しかし、ダイエット目的で摂取している方からすると、実際に体重に変化が表れるまでの期間が知りたいですよね。アメリカで肥満者に対しておこなわれた、グルコマンナンを摂取する実験では、8週間後に体重の減少が認められたとの報告があります。

ダイエットは個人差が大きいため、無理せず続けられる方法で、長く続けることが大切ですよ。(※8,13,19)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS