亜鉛不足がわかる「6」のサインとは?亜鉛が豊富なレシピもチェック

「亜鉛」が不足するとどうなるでしょうか?この記事では、亜鉛不足を知らせてくれる代表的なサインを解説します。また、亜鉛が豊富に含まれている食材や、効率よく亜鉛を摂るのに役立つおすすめレシピもご紹介。亜鉛不足に心当たりがある方は、ぜひ参考にしてくださいね。

2020年5月7日 更新

監修者 : 渡辺 りほ

管理栄養士

学校給食センターにて、管理栄養士として献立作成や食に関する指導に従事した経験から、子どもたちだけでなく幅広い世代への「食育」に興味を持つ。現在は在宅WEBライターとして、栄養…もっとみる

ライター : tanukimaru

tanukimaruです。構成作家などやってます。美味しいものと犬とお笑いが大好きです。

亜鉛にはどんな効果がある?

亜鉛は数百種類もの酵素やたんぱく質の材料となり、味覚・嗅覚の維持免疫の維持など、さまざまな作用があります。

また、亜鉛はたんぱく質やDNAの合成に必要なため、膵臓や腎臓など、新しい細胞を作り出す器官には欠かせない栄養素です。子どもの身長の伸びや、骨格の発育にも関わっています。(※1,2)

自己チェック!亜鉛不足になると起こる症状6つ

免疫力が低下する

亜鉛は、免疫反応に関わる栄養素です。亜鉛が不足すると、「マクロファージ」や「好中球」といった免疫細胞の機能がとどこおり、免疫力が低下するため、感染症にかかりやすくなってしまいます。

今までより、風邪をひきやすくなった……と感じたら、亜鉛をしっかり摂れているか確認しましょう。(※1,2)

貧血になりやすい

亜鉛が不足すると、成長すると赤血球となる細胞である「赤芽球」の産生や増殖が阻害され、貧血になるおそれがあります。貧血は、鉄不足が原因であることが多いですが、鉄を摂っても貧血症状がある場合は、亜鉛の摂取量も見直しましょう。

激しい運動をおこなうスポーツ選手は、汗や尿から亜鉛が多く排泄され、亜鉛不足による貧血になりやすいため、とくに注意が必要です。(※2,3)

お腹をくだしやすくなる

普段どおりに食事をしているのに、なぜかお腹をくだしやすい……という場合は、亜鉛が不足しているかもしれません。

亜鉛は、腸管粘膜の状態を維持するはたらきがあります。そのため、亜鉛が不足すると、腸粘膜が萎縮して消化吸収機能が落ちたり、腸粘膜の免疫機能が変化したりして、下痢が引き起こされます。(※2,4)

味覚を感じにくくなる

舌に存在する「味蕾(みらい)細胞」には、甘い・酸っぱい・苦いなどといった、味覚を感じるはたらきがあります。新陳代謝が活発におこなわれる味蕾細胞の生産には、亜鉛が欠かせません。そのため亜鉛が不足すると、新しい味蕾細胞の生産がとどこおってしまい、味覚を感じにくくなることがあります。(※5)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS