ライター : 渡辺 りほ

管理栄養士

学校給食センターにて、管理栄養士として献立作成や食に関する指導に従事した経験から、子どもたちだけでなく幅広い世代への「食育」に興味を持つ。現在は在宅WEBライターとして、栄養学…もっとみる

キウイの栄養がすごい!

キウイが健康や美容に良いことは、みなさんなんとなく知っているかと思います。しかし、実際何がすごいかを聞かれると、きちんと答えられない方が多いのではないでしょうか。

この記事では、キウイに含まれる栄養素や期待できる作用などをご紹介しますよ。

キウイに含まれる栄養と効果効能

キウイの栄養と効果

  1. コラーゲンの生成に欠かせない「ビタミンC」
  2. 抗酸化作用がある「ビタミンE」
  3. エネルギー代謝を助ける「ビタミンB6」
  4. 赤血球の生成に関わる「葉酸」
  5. 塩分の排出を促す「カリウム」
  6. 便通を整える「食物繊維」
  7. 老化対策に役立つ「ポリフェノール」
  8. たんぱく質の分解を助ける「アクチニジン」

コラーゲンの生成に欠かせない「ビタミンC」

グリーンキウイには100gあたり71mg、ゴールデンキウイには100gあたり140mgのビタミンCが含まれています。

ビタミンCは、水に溶けやすい水溶性ビタミンです。コラーゲンの生成に関わっており、とても大切な栄養素ですよ。私たちの身体は、ビタミンCを作ることができないので、食べ物から摂る必要があります。(※1,2)

抗酸化作用がある「ビタミンE」

グリーンキウイには100gあたり1.3mg、ゴールデンキウイには100gあたり2.5mgのビタミンEが含まれています。

ビタミンEは、油に溶けやすい脂溶性ビタミンのひとつ。主なはたらきとして抗酸化作用があり、別名「若返りのビタミン」と呼ばれています。抗酸化力が衰えたビタミンEを活性化してくれるビタミンCと合わせて摂取することで、より高い作用が得られます。(※1,3,4)

エネルギー代謝を助ける「ビタミンB6」

グリーンキウイには100gあたり0.11mg、ゴールデンキウイには100gあたり0.14mgのビタミンB6が含まれています。

ビタミンB6は、主にアミノ酸の代謝をサポートする作用がありますよ。ほかにも、皮膚の抵抗力を増したり、赤血球のヘモグロビンの合成にも関わったりしています。ビタミンB6は食事から摂る以外にも、腸内で作ることができる栄養素です。(※1,5)

赤血球の生成に関わる「葉酸」

グリーンキウイには100gあたり37μg、ゴールデンキウイには100gあたり32μgの葉酸が含まれています。

葉酸はビタミンB群のひとつで、水溶性ビタミンです。赤血球の生成をサポートするので、別名「造血のビタミン」と呼ばれていますよ。また、細胞の分裂や成熟にも関与しているため、妊娠中に積極的に摂りたい栄養素でもあります。(※1,6)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ