毎日摂取を推進!「黒ごま」の効果効能&おすすめレシピ3選

独特の香ばしい風味を持つ「黒ごま」は、美容効果が期待できる食材のひとつ。そこで今回は黒ごまの効能やおすすめレシピをまとめてご紹介します。黒ごまは料理のアクセントにもなるので、さっそく今日から食卓に取り入れてみませんか?

黒ごまと白ごまの違い

ごまは、「白ごま」「黒ごま」「金ごま」と、種子の外皮の色によって分類されます。じつは、黒ごまは欧米で流通しておらず、アジアでは半々の割合で出回ってるんです。金ごまは、主にトルコで栽培されています。

味わい、香り

日本では、白ごまと黒ごまが一般的によく用いられています。白ごまのほうが風味豊かで甘みもあり、料理に多く使われますね。黒ごまはどちらかというと香ばしさが特徴的で、生でも炒ったような香りを有しています。

栄養面

では、栄養面から見た場合、白ごまと黒ごまに何か違いはあるのでしょうか?

じつはほとんど変わりません。黒ごまのほうが白ごまよりも若干、油脂分が少ないこと、黒ごまには色素を構成するポリフェノール「アントシアニン」が多く含まれていること、この2点に違いがあります。

黒ごまの栄養

黒ごまに含まれる代表的な栄養素は、セサミンです。聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。セサミンやセサモール、セサミノール、セサモリンなどの成分を総称して、ゴマリグナンと呼ばれています。

それ以外にも、ビタミンE、カルシウムやマグネシウムなど各種ミネラルも豊富です。これらの成分から得られる黒ごまの効能を、以下にまとめてみました。

【美容】黒ごまの効果効能

美肌作用

シミやくすみはメラミン色素という成分がもととなっているのですが、そのメラミン色素は活性酸素が原因で生成されます。黒ごまに含まれるセサミンやビタミンEには強い抗酸化作用があり、活性酸素の動きを抑制してくれるので、シミ・くすみの対策となります。

アンチエイジング作用

上で挙げた活性酸素は、シミやくすみだけでなく、肌、血管、内臓など体全体の酸化(老化)を促進させます。黒ごまを積極的に摂取することで、抗酸化作用を持ったセサミンやビタミンEが活性酸素を抑制してくれるので、アンチエイジングに効果的です。

【健康】黒ごまの効果効能

コレステロール値を正常に戻す

コレステロールを生成するのは、肝臓のお仕事。そんな肝臓の機能が低下していると、悪玉コレステロースばかりが作り出されてしまいます。黒ごまに含まれているセサミンには、肝機能を高める作用が認められており、肝臓を正常に働かせて善玉コレステロールを生成することにより、コレステロール値を正常に戻す効果が期待できます。

貧血予防

赤血球の生成には、たんぱく質、鉄、葉酸が欠かせず、どれが不足しても赤血球は上手く作られません。黒ごまには、これらの成分がすべて含まれているので、貧血の予防・改善に役立つのです。

二日酔い対策

アルコールを分解するのは、肝臓の大切な役割。肝臓の働きが悪いとアルコールがしっかりと分解されず、二日酔いの原因となってしまいます。黒ごまに含まれるセサミンによって肝機能を高めておくことで、二日酔い対策に役立ちますよ。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

tep

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう