キャベツに不可食部分はないため、丸ごと食べられる

Photo by 廣瀬茉理

キャベツには、不可食部分がありません。余すところなく、すべて食べられるので食材ロスはなし!硬い芯もコトコト煮込んでやわらかくするか、千切りやスライスで薄くすれば、おいしく食べることができます。

冷蔵や冷凍でキャベツを長持ちさせる保存方法

Photo by 廣瀬茉理

キャベツを丸ごと冷蔵保存するなら、芯をくり抜き、その穴に濡らしたキッチンペーパーを丸めてはめ込むと良いです。ポリ袋に入れて乾燥を防ぎましょう。

乾燥対策として、1/2または1/4カットしたキャベツをラップで包んだり、ひと口カットしたキャベツを保存袋に入れたりして冷凍保存するのもおすすめです。

野菜不足を解消!キャベツを使った簡単おすすめレシピ

食卓の主役!ガリバタ鶏キャベツ

Photo by macaroni

鶏もも肉とキャベツで作る「ガリバタ鶏キャベツ」。ガーリックバターの風味がたまらない、ご飯が進む簡単メインおかずです。簡単に作れるので、忙しい日の献立に役立ててみてくださいね。

目安分量を覚えれば量りいらず!

シャキシャキとした食感をもつキャベツは、サラダや煮物、炒め物などさまざまなメニューに使用できます。よく使用するキャベツの分量を、目安として覚えておくと量りいらずで便利ですよ。

また、キャベツを乾燥から守ると、傷みにくく長持ちしやすくなるので保存方法もぜひ試してみてくださいね。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS