ライター : Uli

パンシェルジュ / フードコーディネーター

ハワイ大学留学後、旅行会社に就職。国内外の食文化に魅力を感じ、現在はレシピ系記事をメインにライターをしています。お手軽料理から、パン・スイーツまで、さまざまなレシピを発信中…もっとみる

しょうゆ味であっさり!あんこう鍋の作り方(調理時間:25分)

Photo by Uli

※下処理の時間は含みません。
ご家庭で簡単に作れる、しょうゆベースのあんこう鍋レシピです。あっさりしているのに、コクのある味わいが特徴。野菜をたっぷり食べられますよ。最後に加えるあん肝がふっくらおいしく、鍋のアクセントになってくれます。

材料(3~4人分)

Photo by Uli

・あんこう(鍋用ぶつ切り)……500~600g
・あん肝……1切れ(約50g)
・白菜……1/8個
・春菊(水菜でも可)……1束
・長ねぎ……1本
・にんじん……1/3本
・大根……5cm
・しいたけ……4個
・焼き豆腐……1/2丁

鍋つゆ

・しょうゆ……大さじ4杯
・みりん……大さじ4杯
・和風だしの素(顆粒)……小さじ2杯
・酒……100cc
・水……700cc

あんこう鍋をきれいに作るポイント

きれいな鍋に仕上げるコツは、具材の配置に気を付けること。
似ている色の具材は隣同士にしない
・あんこうの身は1か所に寄せる
・白菜の白い部分と大根を鍋の底に敷く

の3点がポイントです。にんじんとしいたけを飾り切りにしておくと、さらに見栄えがアップしますよ。

具材の下ごしらえ

・白菜の葉部分をざく切りに、白い部分を削ぎ切りにする。
・春菊は長さ半分に切り、長ねぎを斜め切りにする。
・にんじんと大根を5mmの半月切りにする。
・しいたけの軸をとり、豆腐は食べやすい大きさに切る。
※にんじんとしいたけは、お好みで飾り切りにしておきましょう。

あんこうの下処理

1. あんこうの身を湯通しし、あん肝は塩水に浸す

Photo by Uli

鍋にお湯を沸かして沸騰したら、あんこうの身をさっとくぐらせます。身の表面が白くなったらすぐにお湯からあげて、冷水にとります。熱がとれたらザルにあげて水気を切っておきましょう。あん肝は酒入りの塩水(水200cc、塩大さじ1/2杯、酒大さじ2杯)に20分以上浸けておきます。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS