鍋のまわりにぐるっとお味噌!「土手鍋」ってどんな料理?

ふっくらした牡蠣や野菜を入れた鍋のフチに、ぐるりと味噌を塗りつける土手鍋。ぐつぐつ煮ていくとちょっと味噌がこげ、香ばしさがさらに食欲をそそります。土手鍋の特徴や使われる味噌の種類、おすすめの土手鍋レシピをご紹介します。

2018年11月29日 更新

土手鍋(どてなべ)ってどんな鍋?

鍋内側のフチにぐるりと味噌を塗りつける、独特な調理法の「土手鍋」。牡蠣をメインに春菊、ネギ、焼き豆腐などが入る鍋は、広島県の郷土料理でもあります。

具材を煮ながら味噌を少しずつ溶かしていきますが、味噌を軽く焼くと香ばしさがアップ!味噌は鍋に塗る前に、みりんや砂糖などを混ぜ合わせておきます。

名前の由来については、「味噌が土手のようだから」「安芸郡の牡蠣商人・土手吉助氏が考案したから」「大阪の土手で売っていたから」など諸説あります。

土手鍋に使われる味噌はどんな味噌?

全国各地で食べられている土手鍋ですが、本場 広島県では赤味噌と中味噌を合わせたものや、赤味噌と白味噌。広島と同じく牡蠣の名産地と知られる宮城県では、仙台味噌が使われることが多いようです。ほかにも八丁味噌と白味噌、赤味噌のみなどがあり、さまざまな味噌で作られています。

牡蠣だけじゃない!牛すじや豚肉を使った土手鍋レシピ7選

1. カキの土手鍋

生牡蠣のほか、里芋や白菜など野菜もたっぷり入っているレシピです。使う味噌は合わせ味噌。鍋のフチに塗ったあと、軽く味噌をあぶると香ばしくなりますよ。シメはうどんに!家族や友人といただきましょう。

2. 具だくさん!鶏肉の土手鍋

牡蠣ではなく鶏肉を使ったレシピです。鶏肉も味噌との相性は◎!牡蠣はちょっと苦手、という方にもおすすめです。野菜やきのこ、豆腐も入って具だくさん。隠し味にニンニクが入ることもポイントです。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

kinako

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう