プリッと濃厚な牡蠣料理20選!いろんな調理法で味わおう♪

プリプリの食感とミルキーな味わいで大人気の牡蠣。生ではもちろん、焼く・炒める・揚げるなどさまざまな料理に活かせるので、何を作ろうか悩んでしまいますよね。今回は、そんな方におすすめの人気の牡蠣料理20選をご紹介します。

2018年9月27日 更新

牡蠣料理の基本

牡蠣の旬と選び方

日本で流通する牡蠣は「真牡蠣」と「岩牡蠣」のふたつに分けられます。真牡蠣の旬は11月~4月、岩牡蠣の旬は7月~9月ごろ。なぜ同じ牡蠣なのに旬が違うかというと、卵時期が異なるため。産卵前の牡蠣はコラーゲンが多く濃厚で、もっともおいしいと言われています。

スーパーで牡蠣を買うときは、ふっくらと丸みのある、黄色味がかった身を選びましょう。貝柱が透き通っているものも鮮度が高い証です。

下ごしらえ方法

調理前の牡蠣は、臭みや汚れを落とすために下処理が必要です。洗い方は「塩水」「片栗粉」「根おろし」のいずれかを使う方法が定番。それぞれ牡蠣にもみこみながらやさしく洗い、2〜3回ゆすげば完了です。どれも仕上がりに大きな差はないので、自分のやりやすいものを取り入れましょう。

牡蠣の人気炒め料理5選

1. 牡蠣のポン酢バター炒め

片栗粉をまぶしてカリッと焼くことで、牡蠣のプリプリの食感が引き立ちます。バターのコクと、ポン酢の酸味のバランスが絶品!もやしをたっぷりとお皿に敷いて、ボリュームたっぷりのひと皿に仕上げましょう。

2. 牡蠣のガーリックオイル炒め

ワインとの相性抜群の牡蠣のガーリックオイル炒めは、パーティーやおもてなしにぜひ作って欲しいひと品。牡蠣を炒めるときはお箸で触らず、じっくりと火を通していくのがポイントです。バジルやローズマリーなどお好みでハーブを入れてもおいしいですよ♪

3. 牡蠣のオイスターソテー

牡蠣をふっくらと焼き上げたら、オイスターソースでソテーしてできあがり◎オイスターソースの中にも牡蠣のエキスが入っているので、より濃厚でコクのあるおいしさが味わえます。ご飯の上にのせて丼にしてもGood!
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

donguri

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう