ライター : 稲吉永恵

ローフードマイスター・野菜ソムリエ・オーガニックコンシェルジュ

野菜や果物の持ち味を生かす食べ方を提案する野菜ソムリエ。美容師・ローフード認定校講師として働きながら、パンと焼き菓子を製造販売しています。不調や不安をやわらげる、心と体にや…もっとみる

鍋の雑炊を作るとき、ご飯を洗う理由

鍋をたっぷり堪能したあとは、ご飯を入れて雑炊を楽しみたいですよね。おいしいだしを吸い込んだ雑炊は、最高のご馳走になります。でもそのときに入れるご飯は、洗ったものと洗わないもので、なにか違いがあるのでしょうか?

ご飯を洗う理由は「ぬめりとり」

シメのご飯を洗うか洗わないかは、好みによって大きく分かれるところ。ご飯を洗うと「ぬめり」がなくなり、洗わないご飯よりもサラサラとした雑炊ができあがります。さらに、この「ぬめり」の膜を取ることによって、ご飯にしっかりと味が染み込むというメリットがありますよ。

洗わなくてもおいしい。

一方ご飯を洗わずに雑炊を作る場合、トロトロとした食感に仕上がります。「ぬめり」が残る分、味の染み込む度合いは劣りますが、鍋の具やスープとの一体感は強くなり、絡みが良くなりますよ。

鍋の雑炊アイデアレシピ5選

1. とろとろ。温泉湯豆腐鍋の雑炊

温泉湯豆腐鍋のシメには、ご飯を洗って加えて雑炊を作りましょう。豆腐が溶ろけて豆乳のようになり、ご飯にしっかりと絡みつきますよ。具材を食べるときに使うポン酢やごまだれを加え、好みの味わいで楽しめるのがGOOD。

2. 子どもも喜ぶ。トマトすき焼きのチーズ雑炊

すき焼きにトマトを加えると、トマトの酸味と甘味がほどよく絡み合い奥深い味わいになりおすすめ。トマトすき焼きのシメには、ご飯と卵、チーズを加えてとろ〜り溶ろける雑炊を作ってみませんか。まるでリゾットのような旨味たっぷりの味わいで、子どもも大人も大喜びですよ。

3. 上品な味。鶏鍋で作る酒粕湯葉雑炊

鶏肉を存分に楽しめる鶏鍋を楽しんでから、酒粕や白味噌などを加えると風味のよいスープに仕上がります。ご飯をささっと洗って、湯葉と共に加えれば、しっかりと鶏と酒粕の味が染み込む雑炊のできあがり。酒粕でポカポカ体が温まりますよ。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ