ライター : yuyuknight

占い師

北海道在住の占い師。食道楽が高じて記事書くようになりました。(笑)手作りパンにハマっています。

ご飯を洗う理由って?

美味しい鍋を堪能したあとは、ご飯を入れて雑炊。すべてのだしを吸い込んで最高のご馳走になりますよね♪ でもその時に入れるご飯…洗ったものと洗わないもの、なにか違いがあるのでしょうか?

ご飯を洗う理由は「ぬめりとり」

ご飯を洗うとどうなるの?
〆のご飯を洗うか洗わないかは、好みにも大きく分かれるところ。 洗ったご飯は「ぬめり」がなくなり、洗わないご飯よりもサラサラとした雑炊が出来上がるようです。さらには「ぬめり」の膜が取れたことによって味がよくしみるという結果が出ています。
もちろん洗わなくても美味しい♪
一方洗わないご飯で作った場合、トロトロとした食感に仕上がります。 「ぬめり」がある分味の吸い込みは劣りますが、鍋の具やスープとの一体感は強くなり、絡みが良くなると考えられます。

洗うと「雑炊」洗わないと「おじや」?

佐津温泉の「民宿かどや」さんによる解説

さらさらのご飯スープ的な食感がで、別腹にも入りやすいのが「雑炊」、ぽってりとした食感でお腹にたまりやすいのが「おじや」という分類になるんですね! 「おじや」はどちらか言えばお粥に近いかもしれません。

あったかいご飯は洗わなくてもいい?

雑炊の時にご飯を洗う方も多いかもしれませんが、温かいご飯を使う時はほぐれやすいのでわざわざ洗う必要はありません。せっかくのご飯のうまみも逃げてしまいます。また、冷やご飯を使う時は、さっと水洗いして、ご飯をほぐしてから使うと良いでしょう。

出典: www.kibun.co.jp

ご飯をほぐす目的で洗う場合、冷ご飯は洗ったほうがいいですね。

クックパッドではこんな実験も!

パッと見はあまり変わりがないようですが…
朝からこんなにご馳走が食べられるなら、前の晩から楽しみになっちゃいますね♪ さて、実験結果はこちら…!
結果的には「好みでどうぞ」ということになりそうですね。

サラサラ好きか、とろとろ好きかでご飯を使い分けて♪

「ドロドロが苦手」「サラサラは物足りない」など、好みが分かれる鍋の〆。 さっぱり別腹でいきたいならばご飯を洗い、もうちょっと食べたい八分目さんにはそのまま投入がよさそうです。ご飯の状態でも使い分け、より美味しい〆を楽しんでください☆
よーし、次の鍋〆は洗ったごはんで作ってみよう♪
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS