ライター : 白井シェル

フリーライター

お家で過ごすことが大好きなフリーライターです。料理やインテリア、生活雑貨など暮らしに関するジャンルが得意です。

レモンの皮はすごい!

レモンを丸ごと使用する際、皮を捨ててしまうことは多いと思います。しかし、レモンの皮は果汁よりも栄養が多く含まれているのをご存知ですか?レモンの皮をそのまま食べるのは大変ですが、レモネードやレモンピールに活用すれば、そんな栄養を余すことなく食べられるんです!さらにレモンの酸味やほんのりとした苦味が感じられ、大人な味わいになりますよ。

レモンの皮ごと味わう。おすすめレシピ5選

1. 缶詰で簡単。鯖と大根のレモン煮込み

鯖と大根のレモン煮込みは、レモンを皮ごと使う料理です。鯖は水煮缶を使用するため、お手軽なレシピ。味付けのベースは醤油なので、素材の旨みが際立ちます。鯖の旨味が大根に染み込み、レモンの酸味との相性が抜群。またレモンの皮の風味が、鯖の臭みを緩和してくれますよ。

2. 鶏むね肉で。レモンとチキンのさっぱりパスタ

さっぱりとしたパスタを食べたいときにおすすめな、レモンとチキンのさっぱりパスタです。鶏むね肉はレンジで蒸し、レモンやコンソメでシンプルに味付け。カッペリーニは細い麺のため、蒸し鶏によく絡みますよ。皮ごとスライスしたレモンを添えれば、見栄えもバッチリ。

3. しらすを加えて♪ キャベツとレモンのパスタ

キャベツとレモンのペペロンチーノ風パスタです。キャベツの甘味とじゃこの塩気がコントラストとなり、ペペロンチーノの旨味をアップしてくれます。また味付けには皮が付いたままのレモンを使用するので、皮の苦味がプラスされ大人の味に。短時間で作れるので、忙しい日にぴったりです。

4. 皮ごと使って。レモンのマーマレード

レモンの皮をお菓子に活用するなら、レモンのマーマレードを作り置きしてみてはいかがでしょうか?しっかりと煮詰めることでレモンの旨味と砂糖の甘味がぎゅっと凝縮し、濃厚な味わいになります。レモンの皮がほろ苦く、砂糖の甘さとよいコントラストになりますよ。スコーン、ヨーグルトと一緒にどうぞ。

5. フランス菓子。レモンのケーキ

レモンの風味を生かして作る、フランスのレモンのケーキです。レモンの皮はすりおろして、ケーキの生地に加えます。バターの香りとレモンの風味が相性抜群。さらにレモンの皮の苦味がアクセントになりますよ。好みでレモンピールやピスタチオを飾りつけるとグッド。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ