主役にも脇役になれる「鯛あら」の活用レシピ10選

みなさん、鯛のあらはどのように使っていますか?あら汁にする方がほとんどだと思いますが、意外にもたくさんアレンジがきく万能な食材だったのです。これからの季節に大活躍間違いなしのレシピをご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

2018年11月7日 更新

鯛あらってどんなもの?

鯛はもちろん、身がメインで人、気の高級魚です。それでは「鯛あら」はどうでしょう。旨みがぎゅっと詰まっていて、鯛のあら汁などはもう絶品。風味も上品で脂がしっかりのっているのに、あっさりと食べやすい人気のあらになります。

身の部分に比べて、とてもリーズナブルなあらの部分。魚の骨や皮も一緒なので、ビタミンA、ビタミンB群、DHA、カルシウム、ミネラル、コラーゲンまで、さまざまな栄養素を一緒に摂ることができます。魚のいろいろな部分を食べつくして、健康になりましょう。

今回は、そんな「鯛あら」を使ったレシピを紹介します。味噌汁ばかりではありませんよ。

鯛あらの下処理方法

鯛あらを洗う

まず、あらに塩をまぶします。結構多めにまぶして大丈夫です。塩をまぶしたら、バットに30分ほど放置します。これで生臭い汁を出します。そのあと流水で軽く洗い流します。

霜降りを行う

沸騰したお湯に、大きめのものは1分くらい、小さめのものは30秒くらい湯通しします。湯通ししたあらを、冷水にいれます。このとき、氷もあったらベストです。これで、生臭さを抑えます。

最後に流水で鱗や血合い、汚れを取り除きます。これで下処理は完了です。

鯛のあらを使ったレシピ10選

1.真鯛のかぶと焼き

とても安いのに、豪華な見た目とお味。おもてなし料理にも最適です。焼くときにかぶとの部分は焦げやすいので、様子を見て加減をしながら焼いてくださいね。見た目もインパクト大のレシピです。茶色のおいしそうな色合いが、食欲をそそります。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

りこぴん

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう