上手な「鯛の塩焼き」の焼き方。フライパンでふっくら皮パリッ!

鯛をシンプルにフライパンで塩焼きにしてみませんか?お箸でほぐすと、ふかふかの身がほろりと取れる鯛の塩焼きはご飯にもお酒にも相性抜群!今回は、フライパンで手軽にできる鯛の塩焼きレシピをご紹介します。一緒に作りたい献立レシピ3選も必見ですよ。

2018年12月5日 更新

ふっくら鯛の塩焼きをフライパンで

Photo by uli04_29

皮がパリッと、身はふっくらジューシーな鯛の塩焼きは、お祝い事でなくても日常的に食べたいという方は多いのではないでしょうか? ご家庭にグリルがなかったり、魚焼きグリルを洗うのが面倒だったりすると、なかなか塩焼きを作ろうという気にならないこともありますよね。そんな時にはフライパンを使いましょう!実は、鯛の塩焼きはフライパンでとてもおいしく焼けるんです。 今回は、フライパンですぐに焼ける鯛の塩焼きの作り方をご紹介します。鯛の塩焼きと一緒に食べたい献立レシピ3選もあわせてご覧ください。

鯛の塩焼きの基本レシピ

Photo by uli04_29

用意するのは鯛の切り身と塩だけ、というシンプルさも魅力のひとつ。鯛のうまみを引き出すためには、極力シンプルな調味料と焼き方で作るのがコツです。ふっくらした身だけでなく、パリパリジューシーな皮までおいしく食べられますよ。 塩を振るタイミングや、フライパンの火加減を気をつけるだけで、簡単に絶品鯛の塩焼きが完成しますよ。鯛の切り身が手に入ったら、ぜひ作ってみてください!

材料(2人分)

Photo by uli04_29

・鯛(切り身)2切れ ・塩     適量

作り方

1. 鯛の切り身を軽くキッチンペーパーで拭いたら、塩を適量まぶして10分ほど置きます。 ※鯛の皮にうろこが残っている場合は、丁寧に取り除いておきましょう。

Photo by uli04_29

2. 10分経ったら、鯛から出てきた水分をキッチンペーパーで丁寧に拭き取ります。

Photo by uli04_29

3. もう一度軽く塩を振って味をつけたら、温めたフライパンに皮目が下になるように入れます。 ※フライパンは必ずあらかじめ温めておいてください。

Photo by uli04_29

4. 弱火でじっくり6~8分ほど焼いていきます。鯛の皮から出てきた油は、こまめにキッチンペーパーで拭き取ってください。 ※鯛の切り身の大きさによって、加熱時間を調節してください。

Photo by uli04_29

5. 皮に焼き色がついたのを確認して、裏返して1分ほど焼いたら、火を止めます。

Photo by uli04_29

盛り付け

1. お皿にレモンや彩りのよい野菜を盛り付けておきます。

Photo by uli04_29

2. 焼き上げた鯛の塩焼きを並べて完成です。

Photo by uli04_29

塩を振る2回のタイミング

Photo by uli04_29

塩を2回に分けて振るのがポイント。1回目は鯛の臭みを取るため、2回目は味付けのために塩を振っています。塩っぱくしないためにも、最初に塩を振って10分置いたら、出てきた水分と一緒に塩もキッチンペーパーで拭き取ってください。 焼く時は、最弱火にして焼くのも重要です。弱火でじっくり火を通すことで焦げを防ぎ、鯛の中心までしっかりふっくらと焼き上げることができます。
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS