ライター : Mari

オリーブオイルソムリエ / 北海道フードマイスター

オリーブオイルの専門家でありつつ食材全般大好きな自営業・一児の母。身近な素材や調味料を使ってシンプルに、添加物少なめ頑張り過ぎない〝笑顔が見られるおうちご飯〟がモットー。毎…もっとみる

臭みを残さない!いわしの下処理方法

Photo by MARI_kitchen

いわしに塩を振って焼くだけの「塩焼き」は、シンプルな料理だけに奥の深い料理です。むずかしそうに思える下処理も、やってみると意外と簡単。調理のポイントを押さえれば、香ばしいいわしの塩焼きを味わえますよ。

1. いわしのうろこの取り方

Photo by MARI_kitchen

大きめのボウルに水を入れ、いわしの鱗(うろこ)を爪先でやさしく引っ掻くようにして取っていきます。手に付いた鱗をボウルで洗いながら、いわし全体の鱗を取りましょう。

《内臓を取らずに焼く場合》
鱗を取り除いたら流水でいわしを洗い、キッチンペーパーで水気を拭き取ったあと、「網で焼く」または「フライパンで。いわしの塩焼きの焼き方」へ進みます。

※いわしは、皮が薄くとてもデリケートな魚です。鱗が少なめなので、鱗落としなどの道具は使わず、やさしくなぞるようなイメージで取りましょう。エラやヒレの部分は鱗が残りがちなので注意してください。

2. いわしの内臓の取り方

Photo by MARI_kitcen

いわしのエラ下の部分からお腹の穴(肛門)まで切り込みを入れます。

Photo by MARI_kitchen

切り込みに手を入れ、内臓をそっと取り出します。

Photo by MARI_kitchen

内臓を取り出したら、流水またはたっぷり水を入れたボウルで丁寧に洗います。

Photo by MARI_kitchen

いわしを洗い終わったら、キッチンペーパーでやさしくおさえるように水気を拭きましょう。お腹のなかの水気もしっかり拭き取ってくださいね。

魚焼きグリルで。いわしの塩焼きのレシピ

Photo by MARI_kitchen

いわしの塩焼きは、その名の通りいわしに塩を振って焼くだけ。シンプルだからこそ、使う塩にもこだわってみてはいかがでしょう。
素材の甘みを引き立たせたいときには岩塩がおすすめですが、「海のものには海塩、陸のものには岩塩」という言葉があるように、同じ産地のものは相性がよいといわれているのも事実。今回は海塩を使用して焼き上げます。

材料(1人分)

Photo by MARI_kitchen

・いわし……1尾
・海塩……小さじ1杯(魚の重量の2〜2.5%+化粧塩)

作り方

1. いわしに塩を振る

Photo by MARI_kitchen

いわしの両面に塩を振ります。※内臓をつけた状態で焼く場合は、お腹の部分(銀色の部分)にたっぷりと塩をってください。皮が裂けやすくなることを防いでくれます。

Photo by MARI_kitchen

焼いたときに焦げやすい、ヒレと尾にもたっぷりと塩(化粧塩)をつけましょう。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ