グリルで簡単「いわしの塩焼き」。後片付けが楽になる裏技も!

旬が6〜10月と長い鰯(いわし)は、食べる時期によって脂の乗り具合いが違うのも特徴ですね。秋に向けて脂ののってくるいわしを、魚焼きグリルを使って「塩焼き」でシンプルに味わってみてはいかがでしょうか?フライパンでの焼き方もご紹介します。

2018年7月26日 更新

ふっくらジューシーないわしの塩焼きを魚焼きグリルで

いわしの塩焼き完成写真1

Photo by MARI_kitchen

脂ののったいわしの塩焼きは、焼きたてのジューシーさがたまりません。バーベキューや炭火同様、魚焼きグリルで焼くのもおすすめです。焼きたてのいわしの小骨はスルッと身から剥がれやすいので、小骨が気になる方にもおすすめですよ♪

今回は、どうしても後片付けが億劫に感じがちな魚焼きグリルのスルッと片付くワンポイントと、フライパンでふっくらと焼く方法もご紹介します。

いわしの塩焼きの基本のレシピ

いわしの塩焼き完成写真2

Photo by MARI_kitchen

いわしと塩だけでできる塩焼きは、シンプルだからこそ使う塩にもこだわりたいですね。旨味と塩味のバランスのとれた海塩を使用すると、脂ののったいわしの旨味を引き立ててくれます。

マイルドに素材の甘みを引き立たせたいときには岩塩もおすすめですが、「海のものには海塩、陸のものには岩塩」と言われるように、今回は海塩を使用して焼き上げます。

いわしはうろこの処理も簡単なので、お料理初心者さんも気軽にチャレンジできますよ♪

材料(1人前)

いわしの塩焼き材料 1人前 

Photo by MARI_kitchen

・いわし……1尾
・海塩……小さじ1(魚の重量の2〜2.5%+化粧塩)

下準備

1. イワシのうろこの取り方

いわしのうろこの取り方・工程1

Photo by MARI_kitchen

大きめのボウルに水を入れ、いわしの鱗(うろこ)を爪先でやさしく引っ掻くようにしてとり、手に付いた鱗をボウルで洗いながら全体を取っていきます。

《内臓を取らずに焼く場合》
この工程の後に流水でいわしを洗い、キッチンペーパーで水気を拭き取り焼き方へ進みます。

※いわしは、皮が薄くとてもデリケートな魚です。うろこも少なめなので鱗うろこ落としなどの道具を使わず、やさしくなぞるようなイメージで簡単に取れます。エラやヒレの部分に鱗が残りがちにならないように注意してください。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

mari.everydayolive

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう