手作り味噌床で「さわらの西京焼き」の基本レシピ。焼き方もしっかり伝授!

お家にある調味料で作る「西京味噌床」を使った「さわらの西京焼き」のレシピをご紹介します。味噌床の作り方をマスターすれば、いろいろな魚やお肉にアレンジ自在!作り置きもできるので、朝ごはんやお弁当にも活用できますよ♪

2019年5月28日 更新

合わせ味噌で◎「西京味噌床」の作り方

ガラスの容器に盛られた西京味噌床

Photo by donguri

西京味噌は、関西を中心に作られている甘口のお味噌です。まずは、一般的なお家にある合わせ味噌を使った西京味噌床の作り方をご紹介します。西京味噌風にするために、みりんと砂糖でコクとまろやかさを加えるのがポイント!

材料(約100g分)

テーブルに並んだ西京味噌床の材料

Photo by donguri

・味噌……100g
・みりん……大さじ1杯
・酒……大さじ1杯
・砂糖……小さじ2杯

作り方

スケールの上にのった味噌と、白い器に入ったみりん、酒、砂糖

Photo by donguri

1. 味噌100gを計り、みりん、酒、砂糖を加えます。
ガラスの器に入った西京味噌床

Photo by donguri

2. なめらかになるまでよく混ぜ合わせたらできあがり!

白味噌で作る場合

本来西京焼きは白味噌(西京味噌)で作るもの。白味噌を使う場合は味噌自体に甘みがあるので、レシピの分量より砂糖を少なめにしまよう。作った味噌床はふた付きの容器で冷蔵保存して、西京漬けに3~4回ほど繰り返し使用できます。
1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

donguri

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう