ライター : きたやまあさみ

レシピライター

元医療事務。薬局勤務経験を活かし、体にやさしい料理・ビーガンスイーツなどを日々研究中。毎日、朝・昼はパンを食べるほどの無類のパン好き。主婦ならではの目線で、情報を分かりやす…もっとみる

がめ煮とは?

Photo by きたやまあさみ

がめ煮とは、福岡発祥の郷土料理のこと。「よせ集める」を意味する博多の方言「がめくりこむ」が名前の由来だといわれています。
※諸説あり

全国に広めるべく、学校給食で「筑前煮」として出されたことをきっかけに、名前が2つに分かれました。

筑前煮に比べてがめ煮は具材が大きく、骨つき肉が使われることも。鶏もも肉を油で炒めるのが筑前煮、炒めないのががめ煮、といった具合に使われる食材や作り方に微妙な違いがあるようです。

だしの旨味がしみしみ。がめ煮(調理時間:25分)

Photo by きたやまあさみ

鶏もも肉にれんこん、にんじん、ごぼう、里芋などバラエティ豊かな根菜を加える「がめ煮」です。市販の顆粒だしの素を使い、お手軽においしく。干ししいたけの煮汁との合わせ使いで、短時間でも味のよくしみたひと品に仕上げます。

材料(2~3人分)

Photo by きたやまあさみ

・鶏もも肉……300g
・にんじん……1/2本(100g)
・ごぼう……1/2本(75g)
・れんこん……1節(180g)
・里芋……4~5個
・こんにゃく……1/2枚
a. 干ししいたけ……5枚
a. 酒……大さじ2杯
a. しょうゆ……大さじ4杯
a. みりん……大さじ1杯
a. 顆粒だしの素……小さじ1杯
・水……200cc
・絹さや……適量

おいしく仕上げるためのコツ

がめ煮は工程がシンプルな分、下ごしらえを丁寧におこなうことがおいしさの秘訣です。

里芋は塩もみしてからしっかりとゆで、ぬめりを洗い落として食べやすく。れんこんとごぼうは、切ったらすぐに酢水に浸けておくと、変色を防げます。

作り方

1. 具材を切る

Photo by きたやまあさみ

鶏もも肉は大きめのひと口大に、れんこん、にんじんは皮をむいて乱切りに、ごぼうは皮をこそいで斜め切りにします。里芋は皮をむいて大きいものは半分に切りましょう。こんにゃくはスプーンで食べやすい大きさにちぎります。

2. れんこんとごぼうを酢水に浸ける

Photo by きたやまあさみ

ボウルに水1リットルと酢小さじ1杯(分量外)を入れてよく混ぜ、れんこんとごぼうを浸けます。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS