ねぎ

にんにくと同じく、ねぎのにおい成分も「アリシン」であり、ビタミンB1の吸収率を高めるのに役立ちます。この「アリシン」は刻んだり加熱調理したりすることにより、細胞が壊されて発生します。ねぎやにんにくを調理したときの香りには、消化液の分泌を促す作用があり、食欲の増進につながりますよ。(※6,8)

緑黄色野菜

わたしたちの体内では、エネルギーを作り出す際、活性酸素が生じます。本来は体に備わっている抗酸化力で対処しているのですが、ストレスや活動量の増加などから活性酸素が増えすぎると、細胞の機能が低下し、エネルギーの産生が滞ってしまいます。

緑黄色野菜に含まれるβ-カロテンには、この活性酸素を除去する強力な抗酸化作用があります。緑黄色野菜には、色鮮やかな野菜が多いですが、そのような野菜ほど多く含まれているといわれていますよ。また、汗で失われがちなビタミンやミネラルを摂取するためにも、野菜を摂ることは大切です。(※9,10)

夏バテ対策メニュー!おすすめレシピ7選

1. ピリ辛だれが絶品!ポークソテーのニラだれ

ニラたっぷりのピリ辛だれと、豚肉のソテーをあわせるひと品。食欲をそそるたれには、にんにくやニラのにおい成分「アリシン」が含まれているため、豚肉のビタミンB1の吸収率を高めてくれますよ。食欲のないときこそ食べたい、スタミナおかずです。(※6,8)

2. 食べごたえあり!黒酢酢豚

Photo by macaroni

こちらは黒酢を使う酢豚です。黒酢は「クエン酸」が豊富で、エネルギー代謝をサポートするのに役立ちます。また、一般的な酢の約10倍のアミノ酸を含んでおり、体を動かす際のエネルギー源になりますよ。食材を大きめに切ることで食べごたえが出ますよ。(※11)

3. ホットプレートで!うなたまチャーハン

Photo by macaroni

ホットプレートで豪快に作る、うなぎのかば焼きを使うチャーハン。見た目からも元気になれそうです。うなぎだけでなく、大葉にも糖質をエネルギーに変えるのに役立つビタミンB1が含まれていますよ。(※6)

4. ねぎを存分に味わう。豚バラのねぎ巻き

Photo by macaroni

ねぎ好きにはたまらない、豚バラのねぎ巻きです。トースターでカリッと焼くことで余分な脂が落ちヘルシーに。ねぎに含まれる「アリシン」により、豚肉のビタミンB1を効率よく摂取できるおつまみです。(※6,8)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ