3. 鮭とほうれん草のミルクスープ

Photo by macaroni

カルシウムやトリプトファンが豊富な牛乳ですが、そのまま飲むのは苦手……という方も多いですよね。そんな場合は、料理に使うと無理なく摂れますよ。こちらは鮭とほうれん草を入れる、コンソメ味のミルクスープです。鮭にはビタミンDが豊富なため、カルシウムの吸収を高めてくれますよ。(※5)

4. バナナのフレンチトースト

Photo by macaroni

ビタミンB6が豊富なバナナは、そのまま食べられるのが魅力ですが、たまにはアレンジしてみてはいかがでしょうか。こちらはバナナを食パンで巻き、フレンチトーストに仕上げるひと品です。バナナをまるごと入れるため、食べごたえがありますよ。

5. スパイスココア

Photo by macaroni

自律神経の調整作用があるテオブロミンが含まれているココアは、リラックスしたいときにおすすめの飲み物です。甘いおやつと合わせるなら、スパイスを加えてアレンジしてはいかがでしょうか。いつもとひと味違ったココアが楽しめますよ。(※9)

自律神経を整えるために食事をしっかり摂ろう!

ストレスがたまると自律神経が乱れてしまい、体調不良となる場合があります。自律神経を整えるには、生活習慣を見直したり、ストレスをコントロールしたりすることが大切です。

また、自律神経の調整や、神経伝達物質の合成に必要な栄養素が不足しないようにしましょう。ただし、栄養が偏ってしまうため、特定の食品だけを食べるのはおすすめできません。栄養バランスのよい食事を心がけてくださいね。

次回のテーマは「日光浴の効果について」です。
【参考文献】
※3 唾液クロモグラニンA濃度測定によるy一アミノ酪酸とラフマエキスのストレス低減効果の検証|三二 藍・石原茂正・李楊 金山・Veronica BUTTERWECK・横越 英彦
(2020/05/11参照)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS