きゅうりの栄養を効率よく摂るコツ

きゅうりの栄養を効率よく摂るには、生のまま・油と合わせて食べるのがおすすめです。

きゅうりに含まれるビタミンCは加熱に弱いため、生のままいただくのがおすすめ。さらに、同じくきゅうりに豊富なビタミンKやβ-カロテンは、脂溶性のため、油と一緒に摂ることで体内での吸収率がアップしますよ。(※1,4,5,7)

栄養を効率よく摂り入れる!きゅうりのおすすめレシピ10選

1. たたききゅうり

Photo by macaroni

調理時間:15分

ごま油の香りと唐辛子のピリ辛風味に、食欲をそそられる和え物。きゅうりは袋に入れたまま叩いて調理するので、洗い物が少なくすみます。ごま油を使用するので、きゅうりに含まれるビタミンKやβ-カロテンを効率よく摂れるレシピです。(※1,5,7)

2. きゅうりとわかめの酢の物

Photo by macaroni

調理時間:10分

きゅうりを使う定番料理のひとつ、酢の物。甘酢を合わせてさっぱりと仕上げます。きゅうりを生のまま、たくさん食べられるので、栄養も余すことなく摂取できます。箸休めやおつまみにもぴったりです。

3. 豚こま肉ときゅうりの中華風サラダ

Photo by macaroni

調理時間:15分

きゅうとりセロリ、中華風味の豚こま肉を合わせるボリュームたっぷりのひと品。副菜になりがちなきゅうりですが、肉と合わせれば主菜にもなります。豚こま肉に含まれる脂質が、きゅうりに豊富なビタミンK、β-カロテンの吸収率をアップしてくれますよ。(※1,5,7)

4. じゃばらきゅうりの旨辛ねぎだく漬け

Photo by macaroni

調理時間:20分

酢を使ったねぎだれに、じゃばらきゅうりを漬けるひと品。きゅうりをじゃばら切りにすると味のしみ込みがよくなります。ごま油を使うことでβ-カロテンやビタミンKを効率よく吸収することができます。(※5,7)

5. たたききゅうりの梅みそみょうが和え

Photo by macaroni

調理時間:30分

きゅうりをたたいて、みょうがと梅肉で和えています。さっぱりとした味わいで、どんな献立にも合わせやすいですよ。ごま油を使うことでβ-カロテンやビタミンKを吸収しやすくなります。また、ミョウガもきゅうり同様、カリウムを含むのでむくみ対策が期待できますよ。(※1,2,3,5,7)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ